2018年1月16日

1月20, 21日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会


 居士林玄関。

伊深観音。

 さて、今週末(1月20、21日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

1月20日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>


大方丈横の参道

 1月21日(日)は、

●8:05~9:30 日曜坐禅会 場所 大方丈

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:00 坐禅 (今回は、横田南嶺老師が大攝心の為、こちらの提唱はございません。)

9:10~9:20 読経

という内容です。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2018年1月14日

管長 1月の日曜説教会映像

 今日、円覚寺・大方丈にて行われた横田南嶺管長による日曜説教会の映像です。

蚤(ノミ)の実験の話から、私たちの可能性の素晴らしさをわかりやすく

説かれてます。

横田南嶺管長は、四弘誓願文というお経を以下のように私訳されました。

「いのちあるものみなの苦しみや悲しみが無くなりますように。

まず私のわがままな思い込みやとらわれから離れ、

広く教えを謙虚に学び、

いのちあるものみな明るく幸せに生きる世が実現しますように。」

 このようなことも、最初から実現不可能だとあきらめてしまえば、

それまでだが、願い続ければ、必ず実現可能となると力強くお話されました。

皆さま、ぜひ、ご覧になってください。

2018年1月11日

第24回 円覚木鶏会


 今日、午前9時から、信徒会館2階にて、第24回円覚木鶏会が

横田南嶺老師をはじめ、円覚寺僧堂の雲水さん、若手和尚さんが出席し、

開催されました。

円覚木鶏会というのは、今、円覚寺僧堂で月1回の割合で行っている

人間学を学ぶ月刊誌「致知」の記事を題材とした読書会です。

 今回は、24回目と言うことで、この読書会を続けて丸2年となりました。

 横田南嶺老師によるリード文(今月号のテーマ「活機応変」に関する文)の素読。

 老師による素読を聞き入る雲水さん。

 グループに分かれて、感想文の発表。

 今回の課題文は、愛知専門尼僧堂堂頭 青山俊薫老師と日蓮宗一華庵・サンガ天城庵主 戸澤宗充師

による対談「仏法の灯を点し続けて」でした。

 


 各グループから一人、推薦された人による発表。


 グループリーダーによる発表。各グループでどういうことが話されたかなどを

各班のリーダーが発表していきます。


 老師による総括。今回の記事にちなんで、

老師曰く「最近、寺離れと言われていますが、果たして、それは、

寺から世間の人々が離れて行くことをいっているのでしょうか?

 私は、むしろ、そうというより、寺の方が世間の人々から離れて

行っているように思われます。

 それは、寺が世間の人々の悩み・苦しみに目を向けなくなり、

世間一般の人よりも良い暮らしをするようになっているという現状が

あるように思われます。

 その中で、もう一度、寺としてどうあるべきかを見直さなくては

いけない時期なのではないでしょうか?」

2018年1月9日

1/21(日)~2/4(日)の写経会の予定

延命十句観音経写経会の予定は以下のとおりです。
どなたでもご参加いただけます(個人の方は予約不要です)。

1/21(日) 受付時間 10:30~11:30 13:00~14:30
1/22(月)~1/26(金) 休会
1/27(土) 受付時間 10:00~11:30 13:00~14:30
1/28(日) ①日曜説教会の写経会(説教会引き続き) ②通常の写経会 受付時間 13:00~14:30
1/29(月)~2/2(金) 休会
2/3(土) 受付時間 10:00~11:30 13:00~14:30
2/4(日) 受付時間 10:00~11:30 13:00~14:30【会場:蔵六庵】

場所:方丈 大書院 (または 【蔵六庵】 蔵六庵写経会場 案内図)  
写経料:一律千円(納経料を含みます) 持ち物:不要
詳細はご覧いただいております円覚寺ホームページの「坐禅会・写経会」の中にご案内がございます
または、右をクリックして下さい → 「写経案内」PDF

なお、諸般の事情により、急に休会や時間変更になる場合がございますので、
どうかご容赦いただけますようお願いいたします

2018年1月8日

1月13, 14日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会


 円覚寺・白鷲池にて

 さて、今週末(1月13、14日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

1月13日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 なお、東京近郊の方には、円覚寺派白山道場・龍雲院の坐禅会がお勧めです。

円覚寺派管長 横田南嶺老師が出向されて提唱をされています。

1月13日(土) 8:30~11:30 坐禅の集い(碧巌録提唱) 於 龍雲院(文京区白山5-5-5)

 「坐禅の集い」は、横田管長が兼務住職をされている文京区・白山にある龍雲院で毎月行われている

坐禅会です。お問い合わせは、TEL 03-3812-5946まで。

1月14日(日)は、 

●9:00~11:00 日曜説教坐禅会(横田南嶺老師による法話と坐禅) 場所 大方丈

毎回500人近い、老若男女が集うお説教と坐禅会です。初めての方も多く参加されています。

blog-DSC01316
ー日曜説教坐禅会が行われる大方丈ー

 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2018年1月8日

円覚寺の成人式


 今日は、午後2時頃から、円覚寺・大方丈にて、第60回成人祝賀の会が

横田南嶺管長や宗務総長、部長らの参列のもと、華やかさと厳粛さが絶妙に

調和された雰囲気の中、行われました。


 開会にあたって、般若心経を参加者全員で読経。

 教本を手に読経する新成人。


 横田南嶺管長による記念法話。20歳を迎える前にお亡くなりになってしまった方もある中で、

今日という日を迎えられたこと、、今日まで生きてこられたことに感謝をすること、

願いを持って生きること、願いを持っていれば、必ず実現することができること、

 大人とは、人の苦しみがわかる人であるから、周りの人達と調和して生きて

行くことなどをお話されました。


 参列している宗務総長と部長。


 記念色紙の授与。


 横田南嶺管長揮毫の「至誠」が参加者全員に贈呈されました。

 青木宜孝宗務総長による祝辞。

 新成人代表による謝辞。

2018年1月8日

「自ら毒を飲むようなもの」 一日一語157

横田南嶺老師が昨日の日曜坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。

 仏心・仏性というのは、すなわち、我が心である。これを逆にしても同じで

我が心は、すなわち、仏心であります。この我が身が仏様と寸分も違うものでない

ということでありますが、私たちは、それに知らずに気づかずにいる。

 その様子は、あたかも、素晴らしい宝の珠(たま)を抱いていながら、

その宝の珠を自分が持っていると気が付かずに、貧しい暮らしをしながら、

あちらこちらと物乞いをしてさまよい歩いているようなものである。

 何も人に物を乞う必要はないのだ。自分自身の持っている宝の珠に

気が付けば、それでよいはずである。

 また、そのことは、あたかも、素晴らしい味のする醍醐(だいご)や

甘露(かんろ)を持っていながら、毒薬を飲んでいるようなものである。

 素晴らしい醍醐というものを持っていながら、それを食べようとせずに

味わおうとせずに、外の毒薬ばかりを舐めている。それは、自分の身を

傷めるだけであります。

 そんなことは、愚かな道理だということがすぐにわかるのでありますが、

しかし、お互い、本心は、仏心・仏性であるということに気が付かずに

私たちが普段、人を見ては、怒り、憎しみ、妬みの心を起こしてばかりいるのは、

これは、まるで、毒薬を飲んでいるようなものだ。

 怒り、憎しみ、妬みの心というものは、心にも身体にも良いものでは、

ありません。せっかく、仏心を持っていながら、その仏心を見ようとせずに、

仏心を味わおうとせずに、他人ばかりを見て、外の世界ばかりを見て、

怒り、憎しみ、妬みばかりを起こして、競争心、闘争心、むさぼりばかりを起こして、

それによって、自分の心を痛めつけている。そういうことによって、身体にも

不調をきたしていくんでありましょう。

 あたかも、毎日、自分で毒薬を作って毒を飲んでいるようなものだ。

せっかく、尊い仏心を備えていながら、自分で毒を作り出して、自分で

毒を服用して、自分で心や身体の具合を悪くしている。

 自分がこういう愚かなことをしていると気づければ良いというのが、

盤珪禅師の教えです。そういうことが愚かなことであると気が付いたならば、

自分から好んで毒薬を飲むことはしなくなる。

 これが毒薬であるとわかれば、わざわざ、毒薬を飲もうとは思わない。

これが毒薬であると知らないから、毒薬を飲んでしまう。

怒り、憎愛、執着などは、これは、毒薬のようなものであると

気づくことが肝腎であります。

 そして、めいめいが持っている仏心・仏性に気が付いている方が

よっぽど幸福に生きる道であります。

 怒り、憎しみ、妬みを起こしていれば、自分の心身を痛めます。

これは、好んで毒薬を飲んでいるようなものだと自分で理解することが

大切です。

 盤珪禅師は、これを「身の上の批判」と呼んでいます。自分の身の上に

おいて、自分がどういう愚かさを繰り返しているか、よくわかれば、再び、

自分から毒薬を飲むようなことはしなくなる。というのが、盤珪禅師の教えです。

(平成30年1月7日 日曜坐禅会「盤珪禅師語録提唱」)

2018年1月4日

1月6, 7日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会

 今週末(1月6、7日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

1月6日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間の坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 1月7日(日)

●8:05~9:50 日曜坐禅会 場所 大方丈

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:30 横田南嶺老師による「盤珪禅師語録」という禅の語録の提唱

9:30~9:50 坐禅

という内容です。初心者の方には、8:10~20の間で、足の組み方などを説明しますので、

 必ず、時間までにお越しください。

ページのトップへ戻る