2017年2月11日

私と円覚寺④(皆様からの投稿写真・文のコーナー)


<投稿・文 匿名希望様>

心から信頼していた人に裏切られて、悲しくて悔しくて、

生きてゆく力が尽きてしまったので、円覚寺に参禅しました。

写経をしても大方丈で長いこと坐っても、辛い気持ちが抜けないままの帰り道。

しぃちゃんとすれ違いました。

沢山の参拝者の足元を、立ち止まる事も躊躇する事もなくすり抜けて、

キョロキョロする間もなく、夢中でご飯を食べ始めたのです。

そんなしぃちゃんに、「生きるって、こういうことだよ」と、教えてもらった気がして、

私は何日ぶりかで笑いました。

2017年2月11日

第5回 夜の初心者向け坐禅体験会 参加者募集開始

blog-%e7%b4%85%e8%91%89%e3%80%80%e5%b1%85%e5%a3%ab%e6%9e%97
居士林(円覚寺の在家修行道場)山門
blog-%e5%b1%85%e5%a3%ab%e6%9e%97%e5%a0%82%e5%86%852
居士林堂内

 居士林(円覚寺の在家修行道場)では、夜の初心者向け坐禅体験会を新設します。

 最近、世間では、仏教瞑想に対する注目の高まりか、居士林で毎週土曜日に開催

されている土曜坐禅会・初心者の部(13:20~14:20)には、大勢の

方々が参加をしている現状があります。

 そこで、居士林では、夜間にも初心者向けの坐禅体験ができる会を設けようと思いました。

 この坐禅体験会は、2時間というゆったりとしたプログラムで、参加者一人一人と対話をしながら、

会を進めていきます。呼吸法や椅子での坐禅、経行(歩行禅)、足を組んでの伝統的な坐禅をし、

最後に参加者の方に自己紹介と質問や今、抱えている悩みなどを話していただくなどの懇談会と

いった内容となっています。

 第5回目は、

日時: 4月4日(火) 19:00~21:00

    月に一度以上の割合で開催する予定です。

    今後のスケジュールについては、当「居士林だより」にてお知らせします。

場所: 居士林(4月から暖かくなりますので、信徒会館2階から居士林に会場が変わります。)

定員: 12名

申込み:engakuji.kojirin@gmail.com  宛てに

    ①氏名 ②住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤職業 ⑥坐禅歴 ⑦参加動機を記入して

    お送りください。

参加費: 大人 1000円 学生・子供 500円

  * 夜間開催ですので、会社帰りのサラリーマンや学生・子供の習い事としても参加できます。

  * 定員に制限がありますので、応募人数を超えた場合は、諸条件を考慮して、キャンセル

   させていただく場合もございます。ご了承ください。

  * 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2017年2月11日

第14回 円覚木鶏会 開催


 昨日、円覚寺専門修行道場(僧堂)では、信徒会館2階に於きまして、

毎月恒例の円覚木鶏会が行われました。木鶏会とは、人間学を学ぶ月刊誌「致知」の

記事を使った読書会です。去年の1月より開始し、毎月1回の割合で会を重ね、

今回で14回目となりました。


 横田南嶺老師による総リード文(致知出版藤尾社長による今月号のテーマに関する文章)の朗読。

ちなみに、今月号のテーマは「艱難汝を玉にす」です。

 各グループに分かれて感想文の発表。今月号の課題文は、北海道日本ハムファイターズ監督

栗山英樹氏の「チームを日本一に導いたもの」でした。


 普段は、上下関係が厳しい僧堂生活ですが、この時は、お互い、和気藹々となり

感想を述べあいます。

 また、僧堂の修行僧だけではなく、(僧堂以外の)和尚さんや居士・禅子(在家の修行者)も

参加しています。


 


各グループの推薦感想文の発表。


 各グループリーダーによるまとめの発表。

2017年2月11日

「万里一条の鉄」 一日一語138


<坂村真民さん揮毫の色紙>

 人間学を学ぶ月刊誌「致知」3月号に掲載されている

横田南嶺管長の連載「禅語に学ぶ」より抜粋しました。

 昨年の暮れに、わざわざ(坂村真民記念館館長である)西澤ご夫婦が

円覚寺までお越し下さった。揮毫のお礼によ、真民先生の直筆の短冊を

頂戴した。身に余る光栄である。

 開けてみると「万里一条鉄」と書かれていた。墨痕淋漓(ぼっこんりんり)たる

実に鬼気迫る書に、身震いする思いがした。

 万里一条鉄の話は、元来は平等一枚の世界を表す禅語である。この世に

現れた現象は千差万別ある差別の世界であるが、真理は何の差別もない平等の

世界である。それを表すのが本来の意味である。

 そこから更に、千里万里の道をもただ一念を貫き通してゆくという意味にも

用いられる。真民先生も詩の中でこの言葉をよく使われているのは、その意味

である。・・・

2017年2月9日

今週末(2月11、12日)、どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会



 さて、今週末(2月11、12日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

2月11日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めの40分で、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに10分間の坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

お子様、親子でも安心してご参加いただけます。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

2月12日(日)は、 

●9:00~11:00 日曜説教坐禅会(横田南嶺老師による法話と坐禅) 場所 大方丈

毎回500人近い、老若男女が集うお説教と坐禅会です。初めての方も多く参加されています。

blog-DSC01316
ー日曜説教坐禅会が行われる大方丈ー

 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2017年2月7日

「生きる燃料」 一日一語137


<富士山方面>

 円覚寺に隣接する六国見山(りっこくけんざん)山頂からの眺めです。

昔は、六つの国が見渡すことが出来たことからこの山の名前があります。

<逗子市内方面>


<横浜方面>

展望台
 
 横田南嶺老師が、先日行われたゲーム制作会社の坐禅会で質問に答えられたことを

まとめてみました。

 会社員: 慈悲の心が大切なのはわかりますが、それだけでは、この競争社会を

生きていくことはできません。競争心をどのように考えますか?

老師: トリカブトというものがある。これは、一見、毒であると思われて

いますが、程よく量を調整をして使えば、薬として体を活性化することができる。

 大切なことは、競争心や怒り、性欲もそうであるが、自分で程よく調合できるように

することだ。自分でよく自分の状況をよく観察して、「これは、活性化した方が良い」

か「これは、鎮めた方が良いのか」を自分でよく見極めることだ。

 競争心も怒りも性欲も程よく量を調整して使えば、生きる燃料となる。

 昔の禅僧で、自分の仕える殿様に侮辱をされたのが因縁で、それを見返して

やるために坊さんになった人がいた。それが、仏道修行をしているうちに

復讐心はなくなっていき、立派なお坊さんになられた。

 もし、その禅僧が、お坊さんにならずに、怒りのエネルギーを殿様を

暗殺するための忍者になるために使っていたら、ただの害でしかない。

 たとえば、タンカーが動くには、燃料がいる。競争心も怒りも性欲も

程よく量を調整して使えば、燃料となる。大切なのは、その方向を

間違えなことだ。冷静にどの方向に進んでいるのか観察している自分が

いなければならない。程よい量を調整できるのは、自分しかできない。

 よく自分の心を観察して、うまく調整できれば、薬にもなり、

それを誤れば、毒にもなるということだ。

2017年2月3日

今週末(2月4、5日)、どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会

<円覚寺境内にて>

 さて、今週末(2月4、5日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

2月4日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めの40分で、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに10分間の坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

お子様、親子でも安心してご参加いただけます。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 2月5日(日)

●8:05~9:50 日曜坐禅会 場所 大方丈

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:30 横田南嶺老師による「盤珪禅師語録」という禅の語録の提唱

9:30~9:50 坐禅

という内容です。初心者の方には、8:10~20の間で、足の組み方などを説明しますので、

 必ず、時間までにお越しください。

blog-DSC02626
<日曜坐禅会の風景>

2017年2月1日

2月の詩


 横田南嶺老師揮毫。坂村真民さんの詩。

円覚寺山内・黄梅院の山門下にある掲示板に貼ってあります


今月の円覚寺公式カレンダー。

ページのトップへ戻る