2019年1月31日

如月・2月の詩


横田南嶺老師揮毫、坂村真民さんの詩です。

円覚寺山内・黄梅院の山門下にある掲示板にて、実物はご覧になれます。

A Piece of Advice from a Red Bird

Oh, Shinmin. You, who be of the common run of man,

should carry on living as you are,

even though you could not yet achieve the spiritual enlightenment you wish for.

But you should know that this is the very process through which

you were bestowed with compassionate mercy.

Go on, living as you have been.

―The Complete Poetic Works of Shinmin Sakamura (Vol. 2)

―English translation: Sakai Takahiko

―English consultation: Paul Dargan


円覚寺公式カレンダー。

2019年1月31日

2月2,3日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会

 
 さて、今週末(2月2、3日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

2月2日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 @居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 2月3日(日)

●8:05~9:50 日曜坐禅会 @大方丈 

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:30 横田南嶺老師による「盤珪禅師語録」という禅の語録の提唱

9:30~9:50 坐禅

という内容です。初心者の方には、8:10~20の間で、足の組み方などを説明しますので、

 必ず、時間までにお越しください。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2019年1月24日

3月18日 夜の初心者向け坐禅会@居士林 参加者募集中


居士林(円覚寺の在家修行道場)山門
blog-%e5%b1%85%e5%a3%ab%e6%9e%97%e5%a0%82%e5%86%852
居士林堂内

 最近、世間では、仏教瞑想に対する注目の高まりか、居士林で毎週土曜日に開催

されている土曜坐禅会・初心者の部(13:20~14:20)には、大勢の

方々が参加をしている現状があります。

 そこで、居士林では、夜間の初心者向けの坐禅会を設けました。

 この坐禅体験会は、2時間というゆったりとしたプログラムで、身体をほぐす体操、

呼吸への意識の向け方、足を組んで坐禅をし、最後に参加者の方に自己紹介と質問と

いった内容の懇談会となっています。

(また、椅子での参加も可能です。)

日時: 3月18日(月) 19:00~21:00

    月に一度以上の割合で開催する予定です。

    今後のスケジュールについては、当「居士林だより」にてお知らせします。

場所: 居士林 

定員: 20名

申込み:engakuji.kojirin@gmail.com  宛てに 件名「◯月◯日の夜の初心者向け坐禅会希望」にて

    ①氏名 ②住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤職業 ⑥坐禅歴 ⑦参加動機 を記入して

    お送りください。

参加費: 大人 1000円 学生・子供 500円

  * 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2019年1月24日

1月26,27日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会



さて、今週末(1月26、27日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

1月26日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 @居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

1月27日(日)は、 

●9:00~11:00 日曜説教坐禅会(円覚寺派布教師和尚による法話と坐禅) @大方丈

 老若男女が集うお説教と坐禅会です。初めての方も多く参加されています。

blog-DSC01316
ー日曜説教坐禅会が行われる大方丈ー

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2019年1月17日

1月19,20日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会

さて、今週末(1月19、20日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

1月19日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 @居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 1月20日(日)は、

●8:05~9:30 日曜坐禅会 @大方丈

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:00 坐禅 

9:10~9:20 読経

という内容です。初心者の方には、8:10~20の間で、足の組み方などを説明しますので、

 必ず、時間までにお越しください。

2019年1月13日

横田南嶺管長 1月・日曜説教会の映像 ご覧ください。

ブログ「管長侍者日記」の1月13日の記事をご覧ください

2019年1月9日

1月12,13日 どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会


さて、今週末(1月12、13日)の円覚寺でどなたでも参加ができる行事の紹介です。

1月12日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 @居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

1月13日(日)は、 

●9:00~11:00 日曜説教坐禅会(横田南嶺老師による法話と坐禅) @大方丈

毎回500人近い、老若男女が集うお説教と坐禅会です。初めての方も多く参加されています。

blog-DSC01316
ー日曜説教坐禅会が行われる大方丈ー

 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2019年1月8日

夫子(ふうし)の道は、忠恕(ちゅうじょ)のみ。


横田南嶺老師がお正月に雲水一人一人にくださる色紙の一枚です。

 夫子(ふうし)の道は、忠恕(ちゅうじょ)のみ。

先生の一貫した道とは、忠恕、つまり、思いやりの道、仁道である。

訳 諸橋轍次著 『中国古典名言辞典』より

2019年1月6日

苟も仁に志せば、悪しきことなし。


 横田南嶺老師がお正月に雲水一人一人にくださる色紙の一枚です。

苟も仁に志せば、悪しきことなし。『論語』

仁に生きるとは、純粋な心をもって行動することである。

かりそめにも仁に生きようとするならば、その心に悪を生ずることはありえない。

訳 諸橋轍次著 『中国古典名言辞典』より

2019年1月5日

天を怨まず、人をとがめず、下学して上達す。


 横田南嶺老師がお正月に雲水一人一人にくださる色紙の一枚です。

天を怨まず、人をとがめず、下学して上達す。『論語』

 事、志とちがい、世に入れられないけれども、わたしはなすべきことをしているのだから、

天をうらみもしないし、人をとがめもしない。

 自分より身分・年齢などの低い者からもきいて学び、どんな卑近なことも

おろそかにしないで、一日一日上達していく。わたしはそういうふうに学問している

訳 諸橋轍次著 『中国古典名言辞典』より

ページのトップへ戻る