2018年11月29日

12月1,2日どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会


さて、今週末(12月1、2日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

12月1日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 @居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めに、呼吸や体に意識を向けるなど

準備体操にあたる瞑想をして、心を落ち着けます。それから、体の動きを止めて

静かに15分間くらいの坐禅をします。最後に5分で質疑応答という流れとなっています。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)

<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

 12月2日(日)は、

●8:05~9:30 日曜坐禅会 @大方丈

8:05~8:20 坐禅

8:30~9:00 坐禅 

9:10~9:20 読経

という内容です。初心者の方には、8:10~20の間で、足の組み方などを説明しますので、

 必ず、時間までにお越しください。

2018年11月28日

11月28日現在 円覚寺境内の紅葉②


 向かって左奥が北鎌倉駅。

 総門階段下。

 参道。

 妙香池周辺。

2018年11月28日

11月28日現在 円覚寺境内の紅葉①


 早朝の静寂した境内。


 総門。

 総門階段下。

 踏切からの眺め。

2018年11月27日

年末年始の円覚寺の坐禅会

年末年始の坐禅会については以下の通りです。

①日曜説教坐禅会 12/23(日) 1/14(日) 予定通り開会
②土曜坐禅会   12/15(土) 年内最終 1/5(土)再開 【12/22と12/29は休会】
③日曜坐禅会   12/16(日) 年内最終 1/6(日)再開 【12/30は休会】
④暁天坐禅会   12/31(月) 年内最終 1/8(火)再開 【1/1~1/7は休会】

2018年11月27日

1月15日 夜の初心者向け坐禅会@居士林 参加者募集中


居士林(円覚寺の在家修行道場)山門
blog-%e5%b1%85%e5%a3%ab%e6%9e%97%e5%a0%82%e5%86%852
居士林堂内

 最近、世間では、仏教瞑想に対する注目の高まりか、居士林で毎週土曜日に開催

されている土曜坐禅会・初心者の部(13:20~14:20)には、大勢の

方々が参加をしている現状があります。

 そこで、居士林では、夜間の初心者向けの坐禅会を設けました。

 この坐禅体験会は、2時間というゆったりとしたプログラムで、身体をほぐす体操、

呼吸への意識の向け方、足を組んで坐禅をし、最後に参加者の方に自己紹介と質問と

いった内容の懇談会となっています。

(また、椅子での参加も可能です。)

日時: 1月15日(火) 19:00~21:00

    月に一度以上の割合で開催する予定です。

    今後のスケジュールについては、当「居士林だより」にてお知らせします。

場所: 居士林 

定員: 20名

申込み:engakuji.kojirin@gmail.com  宛てに 件名「◯月◯日の夜の初心者向け坐禅会希望」にて

    ①氏名 ②住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤職業 ⑥坐禅歴 ⑦参加動機 を記入して

    お送りください。

参加費: 大人 1000円 学生・子供 500円

  * 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2018年11月27日

11月27日 円覚寺境内の紅葉状況②


 総門階段。

 総門からの眺め。

 山門。

 法堂跡横の参道。


 舎利殿前にある万年門。


 黄梅院。

2018年11月27日

11月27日 円覚寺境内の紅葉状況①


 北鎌倉駅を降りて円覚寺への道。

 総門下。

 総門階段。

 洪鐘参道入り口のイチョウ。

 大方丈横の参道。

 正伝庵の門。

 妙香池。

2018年11月27日

「仏の一字、聞くことを喜ばず」

 趙州(じょうしゅう)和尚の言葉に、「仏の一字、吾聞くことを喜ばず」というのがあります。

仏教を学ぶ者にとって、仏とは理想の境地であり、目指すものであり、よりどころとなるものであるはずです。

 ところが、趙州和尚は、仏という一文字すら、聞くことを喜ばないというのです。これは、どういうことでしょうか。

 ある時に、趙州和尚が仏殿のそばを通っていると、一人の僧が恭しく礼拝していました。

仏殿にお祀りしているのは、寺のご本尊ですから、それを礼拝するのは当然のことです。

しかし趙州和尚は、その様子を見て、その僧を打ったのです。趙州和尚といえば、臨済禅師や徳山禅師と異なり、

棒や喝で人を指導するのではなく、言葉で人を導いたことで知られます。めったのことでは、棒で打ったりしない禅僧です。

それが、なんと礼拝している僧を打ったのですから、驚きです。

 僧は、礼拝することは良いことではないのですかと問いました。趙州和尚は答えました。

良いことも無い方がましだと。「好事(こうず)も無きには如(し)かず」というのであります。
 
 
 これは、どういうことかと言えば、趙州和尚にしてみれば、仏といい、或いは仏法といい、

すべて自分自身の心であり、毎日に暮らしそのものにあると体得されているのです。

その自分自身を離れたところに、特別何か尊いものを認めることを戒めているのであります。

自己の外にことさら、聖なるものを認めることを嫌うのであります。

 この頃は、曼荼羅などというものが、よく注目されています。たしかに仏の世界を表した、

すばらしい絵であります。

 しかし、私などは、すばらしいなと思いながらも、どうしても内心「好事も無きには如かず」

という思いがしてしまいます。

 曼荼羅はすばらしいものだけれども、私達の普段目にしてるこの山の景色、庭のたたずまい、

すべてが曼荼羅ではないかと思ってしまうのであります。

 何もあのような特別な絵を描かなくても、仏の世界は、私たちの毎日の暮らしにあるのだと思います。

日常の何気ない風景も曼荼羅だと思ってしまうのです。

 趙州和尚というお方は、十七、八の頃に出家して悟りを開き、南泉和尚の下で修行を積むこと実に四十年、

さらに三年南泉和尚の墓守をして、六十歳から禅の行脚に出て、諸方の老師方と問答して、

心境を更に練り深めて、八十歳でようやく趙州の観音院に住されました。

そこで四十年間お説法なさって百二十歳でお亡くなりになった方です。

 もう仏法は、趙州和尚の体全体に染みわたっているのでしょう。ですからこそ、

分のこの心と毎日の暮らしの外に、仏も法も認めることはないという心境なのです。

 我々は、趙州和尚の言葉だけまねてはいけません。趙州和尚の「仏の一字聞くことを喜ばず」

という一語が出てくるまでに、どれほど仏道を修め、修行を重ねに重ねたのかと思わなければなりません。

仏法を完全にわが身に消化されたからこそ、口にされた言葉であるのです。それまでは、ひたすら仏さまを礼拝し、

経典を読み、坐禅し数息観をし、威儀作法を習い、どこまでも仏法を身につけていく

努力を惜しまないようにしなければなりません。

{横田南嶺老師 提唱より}

2018年11月26日

円覚寺の紅葉状況①


 今日、現在の円覚寺境内の紅葉の写真です。

舎利殿前

妙香池

妙香池

居士林前

居士林前

居士林山門

選仏場前

山門

洪鐘参道入り口のイチョウ

総門階段

総門前

ページのトップへ戻る