2016年10月29日

鎌倉大坐禅会 初日② 坐禅会編

blog-dsc06669
<警策(けいさく)で叩く 円覚寺大方丈にて>

 午後2時からは、建長寺円覚寺それぞれに場所を移して、一般の方向けの

坐禅会となりました。

blog-dsc06649
午後2時から3時前まで、横田南嶺老師による提唱があり、3時から4時まで坐禅という

プログラムで、189名の方々が参加をされました。
blog-dsc06652
 午前に引き続き、午後も提唱をされた横田南嶺老師。
blog-dsc06679
 坐禅の様子。

 明日、円覚寺開催の午後の部(14:00~16:00)は、まだ、若干、当日券が

あります。その部は、横田南嶺老師による内観の法などの提唱もございます。

 皆様、お越し下さいますように。

2016年10月29日

鎌倉大坐禅会 初日① 法要編

blog-dsc06631
<建長寺法堂にて>

 今日、明日と建長寺・円覚寺では、臨済禅師1150年白隠禅師250年遠諱記念企画

鎌倉大坐禅会が開催されています。初日の今日は、午前10時から建長寺法堂にて

大勢の和尚様方が集まり、円覚寺派管長横田南嶺老師による「臨済録提唱」と

引き続き記念法要が行われ、午後2時からは、建長寺円覚寺のそれぞれの場所で

坐禅会が執り行われました。
blog-dsc06630

blog-dsc06640
 臨済録を提唱する横田南嶺老師。今回の提唱では、いかに臨済の教えを日常生活の中で

活かしていくかという視点から、「臨済の四料揀」に関する新解釈をお話されました。
blog-dsc06641
 

blog-dsc06624
 参列する円覚寺僧堂雲水(修行僧)。

2016年10月28日

今週末(10月29,30日)、円覚寺で開催される坐禅会

blog-dsc06615
<明日行われる、記念法要のリハーサルの様子 建長寺法堂にて>

 今週末(10月29,30日)は、建長寺・円覚寺にて臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱

記念企画である、鎌倉大坐禅会が開催されるため、通常の土曜坐禅会・土日坐禅会、日曜坐禅会は、

休会となります。

鎌倉大坐禅会は、事前予約制ですが、円覚寺開催の10月30日(日)14:00~16:00の部

(参加費2000円)は、残り60席の当日券がありますので、会場である大方丈に直接お越しください。

その部は、円覚寺派横田南嶺管長による提唱(法話)です。白隠禅師が禅病(修行による精神的病)

を克服した方法である内観の法などのお話をされる予定です。
blog-dsc06618
 明日、建長寺で行われる記念法要では、横田南嶺管長が臨済録を提唱されます。

(* 記念法要は、一般の方は、参列できません。)
blog-dsc06612
 打ち合わせをする様子。

blog-dsc06622
 円覚寺の坐禅会場である大方丈。
blog-dsc06623
 円覚寺では、写経会も同時開催されます。こちらは、事前予約は必要ありませんので

いつでも、ご参加ください。

 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2016年10月22日

管長 新刊本 好調 

blog-%e7%b4%80%e4%bc%8a%e5%9b%bd%e5%b1%8b

  円覚寺派管長 横田南嶺老師による新刊本『人生を照らす禅の言葉』が

紀伊國屋新宿本店の人文書部門で第2位となりました。

 皆様もぜひ、ご覧下さいますように。

2016年10月21日

現前している様子を自ら自覚する 「一日一語115」

blog-dsc06601
シュウメイギク

横田南嶺老師が今日、入制大攝心2日目に提唱されたことをまとめてみました。

 仏は、自分の外にあるものではありません。今、そこでこの話を聞いているもの

そうなのです。聞いているものがそうなんだと言われても、まだ、どこにあるかしらと

思って、きょろきょろしてしまう。禅宗の祖師方はそこで、「まだ、気が付かないのか!」

と言って、「これだ!」とピシャと叩いて修行僧に気が付かせる。

 仏法は、誰にでも例外なく、今、ここに十二分に備わっている。ということは、

歩いている時も坐っている時もご飯を食べている時も、いついかなる時にも

今、そこに十二分に働いているのです。

 そうであるにもかかわらず、我々の修行で誤りがちなことは、無字になる

(無心になる)というと、何か別物になるように考えてしまう。何か外に

求めるもののように思ってしまう。それは間違いであります。

 そうではなくて、今の自分を観つめることをするのです。

歩いている時であれば、その一歩一歩にはっきりと働いているものを認める。

その一歩一歩の歩みそのものに仏法滴々の大意がありありと現れている。

 今、聞いているそこに仏法がありありと現前している。それ以外のものに

なりようがないというところが我々、禅の修行です。その方向を間違っては

いけません。

 宝は他にあると言って、努力していって何か特別なものに変わっていくのでは

ありません。この只今の有り様、このこうしておる所に成りきっていくより

他に道はありません。

 そこで坐ったならば、一呼吸一呼吸に成りきる。歩いている時は、

その一歩一歩に現前していく。現前している様子を自ら自覚する、観(み)つめる

より他に仏法はありません。

2016年10月21日

今週末、どなたでも参加できる円覚寺の坐禅会

 blog-dsc06597
関屋の秋丁子(セキヤノアキチョウジ)

 さて、今週末(10月22、23日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

10月22日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

 初心者を対象とした坐禅会です。初めの40分で、ガイド付き瞑想をします。

そのあと、10分の坐禅を1回、最後に5分の質疑応答という流れとなっています。

お子様、親子でも安心してご参加いただけます。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

(経験者の部では、足の組み方などの説明は、ございません。初めて坐禅をされる方は

なるべく、初心者の部に参加して初歩的なことを体験してくださいますように。)
blog-DSC01867
<土曜坐禅会が行われる居士林堂内>

10月23日(日)は、 

●9:00~11:00 日曜説教坐禅会(円覚寺派布教師による法話と坐禅) 場所 大方丈

 老若男女が集うお説教と坐禅会です。初めての方も多く参加されています。

blog-DSC01316
ー日曜説教坐禅会が行われる大方丈ー

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2016年10月20日

入制大攝心 開始

blog-dsc06587

 円覚寺専門修行道場(僧堂)では、今日から10月26日まで、

入制大攝心(1週間に及ぶ集中坐禅修行期間)となります。

 円覚寺僧堂師家(指導僧)である横田南嶺老師をはじめ、25名の雲水(現役修行僧)

居士・禅子(在家の修行者)が僧堂に籠り、坐禅修行に精進します。
blog-dsc06584
 雪安居(10月~1月に1か所に留まり修行をする期間)の開講(講義初め)

にあたり、横田南嶺老師による偈(宗旨をうたった漢詩)です。

「遠尋唐土拝遺跡」は、先月、日中合同法要で中国・石家庄にある臨済寺を拝塔したことを

表してします。詳しくは、当ブログ9月9日の記事

をご覧ください。
blog-dsc06589
 開講に参列する円覚寺山内の和尚、雲水。
blog-dsc06592
 提唱台上の老師。

2016年10月19日

東京国立博物館 「禅 心をかたちに」開催中

blog-dsc06580
 臨済禅師1150年白隠禅師250年遠諱記念の特別展が

東京国立博物館で10月18日~11月27日まで開催されています。
blog-img_5912
円覚寺派管長 横田南嶺老師も早速、ご覧になられました。

皆様、ぜひ、会場に足をお運びください。

2016年10月18日

大坐禅会 まだ、チケット、間に合います。

cci20160725

cci20160725_0001

10月29日、30日に開催される鎌倉大坐禅会ですが、10月30日(日)に

円覚寺で行われる午後14時~16時の部(コース番号30E②)では、

円覚寺派管長 横田南嶺老師が提唱と坐禅指導をされます。

 この回では、老師が、白隠禅師に関係深い内観法、軟酥の法を指導される

予定です。

 まだ、若干、チケットに残りがありますので、お早めに近畿日本ツーリストにお問い合わせ

ください。締め切り期限は、過ぎていますが、予約はできるとのことです。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2016年10月17日

海原純子先生の新刊本で「しいちゃん」が紹介されています。

blog-dsc06575
 今年の円覚寺夏期講座にも講師として来ていただいた心療内科医

海原純子先生の新刊本「こんなふうに生きればいいにゃん」に

円覚寺の招き猫「しんちゃん」が写真p38とコラムp52で紹介されています。
blog-dsc06577
愛らしいネコの写真とやさしい言葉で深い真理を表す文章で

素晴らしい内容の本です。皆様、ぜひ、ご一読くださいますように。

ページのトップへ戻る