2014年12月30日

大晦日 元旦の円覚寺行事

明日、大晦日12月31日の円覚寺では、

●14:00 仏殿 除夜念誦→ 舎利殿 

円覚寺派管長横田南嶺老師をはじめ山内和尚様、雲水さんが参列し読経をします。

blog-DSC03027
-舎利殿前にて庭間触礼-

●16:00にいったん総門は閉門となり

●23:00に再び開門されます。

●23:50頃から国宝洪鐘と僧堂(専門道場)の2カ所で除夜の鐘をつき始めます。

一般の方で鐘をつきたい方は、舎利殿のある僧堂にお越し下さい。

 毎年、人気で23時過ぎ頃から、鐘をつきたい方が僧堂の門の前に

ならび始めています。去年も長蛇の列が出来ていました。確実につきたい方は

お早めに。

明後日、元旦1月1日は

●6:00頃から大方丈にて大般若転読、金剛経読経となります。

円覚寺派管長横田南嶺老師をはじめ山内和尚様、雲水さんが参列し読経をします。

 大方丈での大般若転読はどなたでも自由に参列することができます。

皆様の今年1年の息災を祈願する儀式です。皆様のぜひ、ご参加くださいますように。

blog-DSC03078
-大般若転読 開山堂にて-

blog-DSC03089
-大般若転読 大方丈にて-

2014年12月28日

年末・年始の円覚寺行事

年末・年始の円覚寺・本山の行事ですが、

blog-DSC03013
-仏殿 除夜念誦-

●12月31日 14時  除夜念誦「佛殿」→「舎利殿」

blog-DSC03035
-弁天堂 国宝洪鐘のよる除夜の鐘-

●12月31日 23時50分頃 国宝洪鐘で除夜の鐘→弁天諷経

              
     (ただし、国宝洪鐘は一般の方はつけませんが間近で
        
      聞くことができます。数百年を経た大鐘の響きは

      歴史を感じさせてくれます!)

blog-DSC03043
-僧堂 除夜の鐘-

●12月31日 23時45分頃 「舎利殿のある僧堂」にて除夜の鐘

      (こちらはどなたでもつくことができますが、毎年混み合いますので

      108枚の整理券を事前に配っています。

       雲水さんが鐘の四方に立ちお経を読んでいる中で

       だいたい4人一組になってつきます。)

blog-DSC03059
-僧堂 新年初めの朝課(読経)-

●1月1日 午前2時半  僧堂では新年の儀式、終わって朝課

      (今年始めのお経を読みます。普段は入れない僧堂に

       年末・年始は入れます。雲水さんがお経を読んでいる姿を

       拝見することができます。)

blog-DSC03086
-大方丈 大般若転読-

●1月1日 5時 祝聖「佛殿」→大般若転読「舎利殿」→大般若転読「大方丈」

        (大方丈での大般若転読が6時前くらいに始まります。

        例年、最初から大方丈にて待っている方が多いようです。)

●1月2日 6時  大般若転読「舎利殿」→大般若転読「大方丈」

●1月3日 5時  大般若転読「舎利殿」→開基廟回向「仏日庵」→大般若転読「大方丈」

blog-DSC03074
-僧堂 舎利殿のライトアップ-

           
   年末・年始は普段は一般公開されていない国宝舎利殿に近くまでいく
 
  ことができ、夜はライトアップされています。大方丈での大般若転読は

  どなたでも参列することができます。

  皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2014年12月27日

僧堂 餅つき

blog-DSC01008

 今日は夕方から、円覚寺僧堂にて餅つきが行われました。横田南嶺老師や雲水さん、

近隣のお寺関係者の方々が集まり「よいしょ!よいしょ!・・・」の掛け声の中、

賑やかに進められました。
blog-DSC00982

せいろの餅米をととのえる雲水さん

blog-DSC00956

 せいろを重ねて餅米を蒸す。

blog-DSC00945

 つきあがった餅米は、鏡餅、のし、その場で食べるものに分けられます。

どのせいろがどれに当たるかが書かれた表です。

blog-DSC00927

 つきあげた餅米を鏡餅の形にととのえる。

blog-DSC00931

blog-DSC01026

blog-DSC01017

 

2014年12月26日

冬季学生大攝心 総茶礼

blog-DSC00919

「総茶礼(そうざれい)」

 居士林で行われていた2泊3日の冬季学生大攝心(坐禅会)は、今日の正午、

無事に全日程を終了いたしました。参加者は、今朝も、凍てつく寒さの中、午前4時起床、読経、

坐禅、粥坐、日天掃除をし、そして、9時から円覚寺僧堂にて

横田南嶺老師による「盤珪禅師語録」提唱を拝聴、10時半からは居士林に横田老師、教学部長さんに

お出でいただき「総茶礼」と呼ばれる解散式となりました。

blog-DSC00916

 総茶礼では、参加者、一人一人が横田南嶺老師の前で、ご本人のお名前と今回の攝心の感想を述べていきます。

最後に横田老師が総括をしてくださり会が終了となりました。

blog-DSC00920

2014年12月25日

策励(さくれい)

blog-DSC00896

 居士林で行われている冬季学生大攝心ですが、今晩は、横田南嶺老師も禅堂にお詰めになり

経行後の止静にて警策(肩をたたく棒)を持って巡警をしてくださいました。

blog-DSC00899

 横田老師は、たたかれることを希望した参加者の肩を激励をこめて軽くたたいていきました。

blog-DSC00906

 策励(さくれい)というのは、警策でたたくことで、奮起するようにはげますことを

言います。

blog-DSC00911

 一段と冷える堂内と攝心2日目の疲れで参加者の士気がさがっていたところでしたので

老大師、御自らの策励で、参加者は大いに励まされたことでしょう。

2014年12月25日

冬季学生大攝心 2日目

blog-DSC00878
-法鼓をたたく雲水さん-

 今日は、昨日から居士林で始まった冬季学生大攝心2日目です。

午前4時に起床し読経、坐禅、粥坐(朝食)、日天掃除を行い

午前9時から、円覚寺専門修行道場(僧堂)にて円覚寺派管長 横田南嶺老師による

「盤珪禅師語録」の提唱が行われました。

blog-DSC00884

blog-DSC00886 - コピー

2014年12月24日

冬季学生大攝心 始まる

blog-DSC00877
居士林・禅堂

 今日の午後5時から円覚寺・居士林では2泊3日の冬季学生大攝心(宿泊坐禅会)が始まりました。

男性は15名、女性は8名が参加をしています。

 今晩は、円覚寺派管長 横田南嶺老師によるご垂示や初心者の参加者も多いので

禅堂内での諸作法の説明などが行われました。

 1年で1番厳しいこの季節、しかも、暖房器具のない居士林にこれだけの方が

集まって坐禅修行に励む姿には感動をさせられます。

2014年12月22日

横田老師 ラジオ収録

blog-DSC_0166

今日、円覚寺派管長 横田南嶺老師は東京渋谷にあるNHKにラジオ収録に出かけられました。

今日収録された内容は、「NHKラジオ深夜便」という番組で、1月2日午前4時台に放送される予定です。

皆様、ぜひ、ご拝聴くださいますように。

2014年12月19日

週末の円覚寺行事

blog-DSC00864
円覚寺総門あたりに出没する、今や円覚寺公認の招き猫「しいちゃん」です。

blog-DSC00867
 最近は、しいちゃん宛にお歳暮が届くほどの人気者だそうです。

 さて、今週末(12月20,21日)の円覚寺でどなたでもご自由に参加ができる行事の紹介です。

12月20日(土)は、

●13:10~14:20 土曜坐禅会 初心者の部 場所:居士林

最初に坐り方の説明をしますので、初めて坐禅を経験したい方にお勧めです。

●14:40~15:40 土曜坐禅会 経験者の部 場所:居士林

20分の坐禅を2回と最後に15分、般若心経、延命十句観音経などのお経を読みます。

●12月21日(日) 8:00~9:30 日曜坐禅会(横田南嶺老師による伝心法要提唱) 

於 円覚寺・大方丈

となっております。これで土曜坐禅会も日曜坐禅会も年内は最後となります。

 次回は、土曜坐禅会は1月10日(土)から、日曜坐禅会は1月18日(日)から

再開となります。

 皆様のご来山をお待ちしております。

2014年12月18日

北鎌倉幼稚園 もちつき 

blog-PC180026

 今日は、円覚寺専門修行道場(僧堂)にて、恒例の山内・北鎌倉幼稚園のもちつきが行われました。

blog-PC180020

 円覚寺僧堂師家 横田南嶺老師がかえし手、雲水さんがつき手をしています。

雲水さんが、ある程度までお餅をついてから幼稚園児がついていきます。
blog-PC180029
 
 こちらは横田老師がつき手、雲水がかえし手をしております。

blog-PC180009

雲水さん4人一組でこねをしています。

blog-PC180008

つきたてのお餅を幼稚園児に見てもらっています。

blog-PC180005

blog-PC180001

 園長先生と先生といっしょに記念撮影。

(後記)

 冬季宿泊坐禅会(冬季学生大攝心)ですが、おかげさまで定員に達した為、参加応募を

締め切らせていただきます。ご応募、誠に有り難うございました。

ページのトップへ戻る