2015年4月24日

ただ一枚の光

入制大攝心 5日目
blog-DSC02101

 横田南嶺老師が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。

 『臨済録』を学んでいくのに注意しなければならないことは、見性の眼を具して

読んでいくことです。心の本質、本性とは何であるか?ということを探究しなければ

なりません。
 
 臨済禅師は、最初、仏教の学問を学んでいましたが、それは薬の処方箋のようなもので

「本当に自分の心を安らかにしれくれるものではない」と見切りをつけ、禅の道に

参じました。黄檗禅師や大愚禅師のところで修行をしなるほどと体得をして、

さらに江南地方を行脚して大勢の禅僧に見えて研鑽を積みました。

 のちに臨済禅師は、仰せになっています。

「是れ娘生下(じょうしょうげ)にして便ち会(え)するにあらず、

還って是れ体究錬磨して、一朝に自ら省す」

 つまり、心の本質、本性、尊さというのは決して生まれたままでわかるものではない。

自分自身、体で実践をして体得して、初めてわかるものである。

『論語』に「子曰わく、我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず。

古(いにしえ)を好み、敏(びん)にして以てこれを求めたる者なり。」

とあります。孔子ほどの人ですら、生まれながらに何もわかったわけではない。

昔の学問を学び人一倍、一生懸命努力をして初めて気がついたのです。

 こういう語録を手がかりにしながら、心の表面に映る、人間の考えや思い、見解に

振り回されるのではなく、様々のものを映し出す心の本質、本性が何であるかを

探究していくことが肝心です。

そうすれば、この我が心の本性こそ素晴らしい宝であったと気がつくはずです。

そう気がついて周りを見れば、あらゆるものは、皆、宝の珠であったと見えてくる。

あらゆるものが光、光明を放っていて、その光明が最後一つのところに解け合って

ただ一枚の光になってくる。

 これを仏心の光明、これを臨済の宗旨と呼ぶ。みなさん方には、ぜひ、

これを体得していただきたいと思います。

2015年4月23日

本当の宝はあなた自身である!

入制大攝心 中日
blog-DSC02099
ー僧堂 萬年門に掲げられた看板ー

 横田南嶺老師が今日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。

臨済禅師の教えの要をいくつか上げるならば、

「もう、人の言葉や教えに振り回されるな、惑わされるな」

「自分の外に向かって真理を求めることをするな」

「この己自身を本当に信じ切れ」

「各々、一人一人仏様と寸分も変わらない素晴らしい自分がいる。

それはそこでこうして話を聴いているその人自身である。宝はあなた自身である。

そう気がついた人が無事の人である」

となります。

 本当の宝は自分の外にあるのではない。今、この場でこうして話しを

聴いている一人一人に他ならない。こうして目でものを見、耳で話を聴くこと

ができることが何よりも素晴らしい宝であります。

 外に向かって宝を探さなくても、宝は近くにある、近いどころか、

実は、宝はあなた自身なのです。

 今こうして生きているはたらきこそ、この上ない素晴らしい宝です。

今こうして目や耳や鼻、口や体の感覚器官を通して、はたらいている

一人一人こそ、かけがえない宝です。そのことに気がついた人を

「無事の人」というのです。

 臨済録では、それらのことをいろいろなたとえをして繰り返し説いています。

blog-DSC02098
ー隠寮 ぼたんー

2015年4月22日

生きていく力

入制大攝心 3日目

 横田南嶺老師が今日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。

昨日、修行というのは、「糞掃堆頭(ふんそうたいとう)に一顆の明珠を拾い得たるが如し」

つまり、いろいろなゴミの山の中から一つの宝を見いだすようなものであるという

たとえ話をしました。

 そのたとえ話を聞くと、その宝は自分の外にあるように思われるかもしれない。

その宝をお経の中や公案(禅の問題)の中、またはいろいろな人のお話の中に

さがそうとしてしまうかもしれませんが、それではその宝から遠ざかるばかりです。

 『法華経』に衣裏の繋珠(えりのけいじゅ)というたとえ話があります。

 ある貧乏な人がお金持ちの友人の家で酒に酔って眠りこけてしまった。

友人は公用で出かけなければならなかったので、その人の衣の裏に無価の宝珠

(値のつけようにないほど高価な宝玉)を縫いつけて家をでました。

それはその珠一つあれば一生涯かかっても使い切ることができないほどの宝です。

 ところがその人は酔いつぶれておりそのことを知りません。ですから、

その人は衣裏の宝珠の存在も知らずに、またもとの貧乏で放蕩な暮らしを

していました。

 その後、その人は偶然、友人に出会って、その友が言われたのは

「君はまだそんな貧乏暮らしをしているのか」ということでした。

そして、「なんということか、あなたの衣の裏を見てみなさい。そこに

素晴らしい宝の珠を縫いつけておいたではないか」。

 その人は言われてみて衣の裏を見てみると珠の存在に気づいたのでした。

その人はそれ一つあれば生涯、困窮することのない珠を肌身離さずずっと

持ちながら、それとは露も知らずに貧乏暮らしをしていたのでした。

 本当の宝というものは、自分の外にあるのではありません。誰もが本来

持って生まれて来ているのです。よく仏心にたとえられます。私たちが

この世に生まれて来ることは、この世で生きていくだけの力をちゃんと

持っているからこそ生まれて来ているのです。因縁成就するとはそういう

ことです。

 植物の種も同じです。ちゃんと大きく成長して実を結ぶ力を小さな種の中に

きちんと備えているのです。
blog-DSC02094
ー白雪げしー

 皆さん(雲水)はこうして僧堂にやって来ました。庭詰、旦過詰(入門に

あたっての通過儀礼)を終えて、今、大攝心に臨んでいます。僧堂に来たという

ことは、僧堂でつとめてやっていけるだけの力を持っているということです。

 各々、衣の裏に宝珠が縫いつけられているがごとく、やっていけるだけの

力を持っているのです。

 せっかく持っている力を自分で見限ってはいけない。

『論語』に「冉求(ぜんきゅう)曰く、子の道を説ばざる(よろこばざる)には非ず(あらず)。

力足らざるなり。子曰く、力足らざる者は中道にして廃む(やむ)、今汝(なんじ)は画れり(かぎれり)。」

とあります。力が足りないのではない。自分自身を見限ってしまってはいけないということです。

 各々にとって素晴らしい宝珠とは何であるか?これ一つあれば一生涯、困ることのない

ような本当の宝とは何であるか?

 その宝は決して自分の外にあるのではない、自分の内にある、自分にすでに備わっていると

信じて探究してもらいたいと思います。

2015年4月21日

自ら究める

入制大攝心 2日目
blog-DSC02085
ーシャガとバッター

横田南嶺老師が今日の僧堂で提唱されたことをまとめてみました。

 これから私たち臨済宗の祖である臨済禅師の語録を読んでいきますが、

大切なことは、臨済禅師がいったい何を体得したのかを探究し、そして

自らもこれを体得することであります。

洞山良价禅師に「糞掃堆頭(ふんそうたいとう)に一顆の明珠を拾い得たるが如し」

という言葉がります。ゴミ山の中から一粒の真珠を見つけるという意味です。

 私たちが普段やっている修行というのは、大きな声でお経を読んだり、一生懸命呼吸を数えて

呼吸をしたり、公案(禅の問題)の見解を何度も突き返されたりとこれを毎日繰り返していきます。

 ただその中で一つの真珠(真理)を得る、自分で心の底から「これだ!」というものを

体得する、それが何より重要です。「これだ!」と体得するものは、いったい何でありましょうか?

 お釈迦様はいったい私たちに何を説こうとしてくださったのか?迦葉尊者は何を体得されたのか?

達磨大師はわざわざインドからはるばる中国まで来て何を伝えたのか?臨済禅師が師匠である

黄檗禅師から棒でしたたかに叩かれて何を得たのか?

 それらの、たった一つのものに気がつく、それが私たちの修行の眼目です。

疑いのないところに得るものはないと言います。

 孔子も仰せになりました。「之(これ)を如何(いかん)せん、

之を如何せんと曰(い)はざる者は、吾之を如何ともすること末(な)きのみ」と。

 「どうしたら、どのようにしたらそれを体得できるのか?」と自ら問い詰めることが

ないものには教えようがない。

 『興禅大燈国師遺誡』に「無理会の処に向かって究来(きわめきた)り究去(きわめさ)るべし」

とあります。言葉での説明や議論での解釈の仕様がないものを「何であるか?」と自ら

究めていく。そういう観点でもってこの「臨済録」に取り組んでいってもらいたいと思います。

blog-DSC02087

 

2015年4月20日

開講

blog-DSC02070

 円覚寺専門修行道場(僧堂)では、今朝から入制大攝心(1週間の集中坐禅修行期間)に

入りました。今日は、開講(禅の語録の講義の初回)で、在籍中の27名の雲水(修行僧)はもちろん

山内の和尚さん方も出席して提唱を拝聴しました。
blog-DSC02076
 最初に、僧堂師家(指導僧)である横田南嶺老師が拄杖(つえ)を持ちながら

開講の偈(漢詩)をお唱えになりました。

blog-DSC02068
<意訳>

 こうして27名の雲水が仏道修行の為に頭(こうべ)を集めて

雨安居(一定期間遊行の出ないで一カ所で修行すること)の結制を迎えた。

禁足安居、門を固く閉ざして90~100日の禁足(外出をしない)をして

厳しくおごそかに修行をしていく。

 来年が私たち宗門の祖・臨済禅師がご遷化されて1150年になる。

私たちも、こだ録(臨済禅師の語録)がどういうものか拝読し、

修行をして祖師の大いなるご恩に報いて参りましょう。

blog-DSC02073
ー提唱台上の横田南嶺老師ー
blog-DSC02074

blog-DSC02075
ー27名の雲水さんー

ページのトップへ戻る