2019年4月13日

大用国師誠拙禅師200年遠諱法要 半斎


 一昨日、4月11日に円覚寺では、大用国師誠拙禅師200年遠諱法要 半斎が

行われました。

 大用国師は、江戸時代後期に円覚寺を中興されたお方です。


大用国師に縁のある、京都などの各本山の管長猊下をはじめ、

和尚などが大勢集まり、盛大に儀式が営まれました。


 大用国師誠拙禅師200年遠諱事業は、まだ、続き、4月15日からは、授戒会が始まり、

さらに、4月20日からは、日本橋にある三井記念美術館にて「円覚寺の至宝」展が開始されます。

2019年4月10日

大用国師誠拙禅師200年遠諱法要 宿忌


 今日、円覚寺仏殿では、午後4時から、大用国師誠拙禅師200年遠諱法要宿忌が

行われました。

大用国師誠拙禅師は、江戸時代後期に円覚寺を中興されたお方で、

今年は、国師がお亡くなりになって200年の記念の年に当たります。

 円覚寺では、法要、授戒会、展示会など多数の遠諱記念事業を行っています。

お供えする茶湯器を薫じる横田南嶺管長。


 五侍者。

宿忌には、円覚寺派などの和尚様が参列されました。

2019年4月8日

降誕会


 今日は、10時から、仏殿に於きまして、

降誕会(お釈迦様のお生まれになった日を祝う法要)が

横田南嶺管長をはじめ、和尚、雲水らが出席し厳かに営まれました。

横田南嶺管長による降誕会の偈(宗旨をうたった漢詩)

意訳

 草が香ばしく、青々と生い茂って、春の気配が催してきた。

ルンビニーの園には、たくさんの花が咲いている

お釈迦様はお生まれになってすぐ七歩進まれて、天と地とを

指さされ、天上天下唯我独尊と仰せになったが、

その一語はあたかも雷のように響き渡った。


 

2019年3月7日

大用国師誠拙周樗禅師二百年大遠諱報恩大摂心


三月四日から、円覚寺僧堂において大用国師二百年の大遠諱の報恩大摂心が行われています。

関東地方の僧堂、建長寺、瑞巌寺、平林寺、龍沢寺、臨済寺向嶽寺、の六つの僧堂の雲水が

集まって摂心を行っています。

五日には、大用国師の語録『忘路集』を開講して六日には鎌倉市内を托鉢し、

夢窓国師のお寺である瑞泉寺様にお参りしました。

そのあと点心を東慶寺様でいただきました。

2019年2月15日

涅槃会


 今日、円覚寺仏殿では、横田南嶺管長をはじめ、和尚、雲水が参列し

涅槃会(お釈迦様のご命日法要)が厳かに営まれました。

涅槃会にあたって横田南嶺管長が作られた偈(宗旨をうたった漢詩)。

意訳

 あらゆる徳を具え、光り輝く身体をもった

お釈迦様は、この日にお亡くなりになった。

 人間界も天上界も皆悲しみにくれた。

 しかし、涅槃の道には、生まれることも死ぬこともない。

寂滅の場である沙羅双樹には、また、春が来て花が開くであろう。

2019年2月4日

僧堂 沢庵漬け


 今日、円覚寺僧堂では、午後3時頃から、沢庵漬けの作務が行われました。

この大根は、1月に行った三浦半島での大根托鉢で供養いただいたもので、

現地の円覚寺派のお寺の境内で数週間、干させていただいた後、

今日、軽トラックでそれを取りに行き、僧堂に搬入をしたものです。

大根のへたを切る作業をする雲水さん。


横田南嶺老師が、大根をきれいに敷き詰め、ぬかをかけて、段々に積み重ねていく

作業をしています。

ぬかに入れる塩の量で、塩分が多く長期保存が可能な長漬け、中漬け、浅漬けと

3種類の樽を作っていきます。


 添加物や保存料が一切入っていない沢庵漬けは、素朴な味でとても美味しく、

1年を通して、僧堂の食事に出されます。

2019年1月3日

大般若転読


 横田南嶺管長が元旦に仏殿にてお唱えになった歳旦の偈。

お正月の3が日は、開山堂と大方丈にて、大般若転読の祈禱の儀式が行われました。

開山堂での大般若転読の様子。


大方丈での大般若転読の様子。

2019年1月1日

僧堂 歳旦の儀式


 円覚寺僧堂では、元旦の2時半から歳旦の儀式が行われました。


杖を持ち、歳旦の偈(宗旨をうたった漢詩)をお唱えになる横田南嶺老師。


歳旦の偈。

賀扇三拝。

横田南嶺老師の新年にあたってのご垂示。


祝礼。梅茶と蓬莱(ほうらい)と呼ばれる柿、栗などのお菓子が出されます。

2019年1月1日

僧堂 新年初の朝課


 歳旦の儀式引き続き、新年初の朝課(読経)となります。


 韋駄天の前で読経する雲水。

 回向文を読み上げる雲水。

 寒さの為、読経中は、白い息となる。

 魚鱗(木魚)を打つ雲水。

2018年12月27日

僧堂 餅つき


 今日は、夕方から、円覚寺僧堂では、毎年恒例の餅つきが行われました。

横田南嶺老師や雲水さんなどが、お正月に向けて、鏡餅や伸し餅を作りました。

四人一組で杵でのこねの作業。

せいろのもち米を均等にのばしています。

鏡餅を作る横田南嶺老師。

よいしょ!の掛け声の中、餅をつく雲水。

釜にお湯を足す雲水さん。


出来上がった鏡餅を整える。

釜からせいろを持ち上げる。


掛け声を掛ける雲水さん。


つきあがったばかりのお餅をきな粉、あんこ、大根おろしをつけて食べます。

ページのトップへ戻る