2016年9月9日

日中仏教会 臨済禅師涅槃1150周年 記念式典④

blog-dsc06361
 柏林寺参道を歩く嶺興嶽管長と横田南嶺管長。
blog-dsc06363
 回廊。
blog-dsc06372
 三層の屋根を誇る広大な楼。
blog-dsc06374
 趙州塔だけは、元時代のものですが、それ以外の建築群は、1988年~2002年の間に

柏林寺の先代住職が復興されました。
blog-dsc06376
楼内の壁一面には、仏像が安置されています。
blog-dsc06378
 本尊。
blog-dsc06379
 光注ぐ楼内。
blog-dsc06380
 ちょうど、中国の僧侶が読経をしていました。
blog-dsc06381

2016年9月9日

日中仏教会 臨済禅師涅槃1150周年 記念式典③

blog-dsc06334
 訪問団一行は、午後から、河北省博物館で行われた日中合同墨蹟オープニングセレモニーに参列。
blog-dsc06336
展示会場。
blog-dsc06340
横田南嶺管長、ご自身が出品された墨蹟の前で中国僧と。
blog-dsc06343
 建長寺・円覚寺訪問団の記念撮影。
blog-dsc06347
 河北省博物館の後は、柏林寺に。柏林寺は、禅の語録『無門関』に登場することで

有名な趙州和尚がお住まいになっていたお寺です。
blog-dsc06349
 参道。
blog-dsc06351
 趙州塔。
blog-dsc06352
 
blog-dsc06355
 趙州塔前で読経する有馬頼底相国寺派管長、横田南嶺管長、嶺興嶽妙心寺派管長

2016年9月9日

日中仏教会 臨済禅師涅槃1150周年 記念式典②

blog-dsc06311
 中国仏教会による読経。

blog-dsc06316
 中村文峰管長による偈(宗旨を詠った漢詩)の唱え。

blog-dsc06321

blog-dsc06322
 もう秋とはいえ、日差しの強い中での儀式となりました。

blog-dsc06328
 参加者全員による記念撮影。
blog-dsc06330

blog-dsc06324
 臨済寺内にある大雄宝殿

2016年9月9日

日中仏教会 臨済禅師涅槃1150周年 記念式典①

blog-dsc06293
 円覚寺派管長 横田南嶺老師は、9月7日中国河北省石家庄市にある臨済寺で

行われた臨済禅師涅槃1150年記念式典に参加されました。

日本からは、南禅寺派、妙心寺派など臨済宗の僧侶約180名が参列し

中国仏教会の方々と法要を厳修いたしました。

blog-dsc06296
 参列する老師方。
blog-dsc06300
 臨済寺住職・慧林法師のご挨拶
blog-dsc06301
 参列する日本の僧侶。
blog-dsc06304
 訪問団団長・南禅寺派管長 中村文峰老師。
blog-dsc06306
 横田南嶺管長による献花。
blog-dsc06308
 読経する中国僧侶。

ページのトップへ戻る