2018年7月13日

秋季宿泊坐禅会の参加者募集

 9月14日(金)~16日(日)に円覚寺の在家修行道場・居士林にて開催される

GW宿泊坐禅会の参加応募を今日から開始致します。

 普段は、職場、学校、家庭などいろいろと忙しく、ストレスなど「苦」を

感じることも多いと思います。

2泊3日の期間、そんな日常から少し離れて、静かなお寺で生活することによって、

ゆっくりと自分を見つめ直す機会と自然豊かな環境の中で、本来の持っている生命力を

実感できる機会を提供できれば幸いです。

参加希望の方は以下をダウンロードして申込みください。

平成30年秋季宿泊坐禅会参加申込書

 一般の方から学生まで、どなたでも参加することができます。

坐禅が初心者の方にも、安心してご参加できるプログラムとなっています。

 前回に引き続き、今回の宿泊坐禅会も、集合時間を午後5時から2時に早め、

最終日の解散時間も正午から午後4時に伸ばしましたので、前回までと同じ

2泊3日とはいえ、滞在時間が長くなり、ゆったりと過ごすことができるように

なりました。

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-9
居士林での坐禅
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-31
仏殿周りでの歩行禅(経行)
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-69
円覚寺派管長・横田南嶺老師による提唱(他に横田南嶺老師との質疑応答の時間もあります。)

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-54
掃除

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-49
食事

 また、円覚寺近郊の公園にハイクに行きますので、持ち物として、上の写真にあるように、

1、水筒、

2、小さなカバンまたは、リュックサック(おむすびと水筒が入る大きさ)、

3、歩きやすい靴(こちらは、作務{庭掃除などの作業}でも使用)

4、タオル

を持参ください。

 また、今回も前回に引き続き、傾聴の時間があります。3~4人のグループのそれぞれに

和尚や雲水がつき、参加者の方々と対話をします。

<注意>

 宿泊坐禅会の期間中は、基本的に無言行(沈黙を守ること)となります。

 携帯電話の使用やお菓子やペットボトルなどの食べ物の持ち込みは

お控えください。施設の都合上、個室はございません。男女分かれて、

雑魚寝となります。

 また、多数の方々の応募が予想され、定員に限りがある為、

参加応募人数を超えた場合は、抽選となる可能性もあります。

ご了承ください。

 何か疑問点がありましたら、当メールにて、相談致します。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2018年5月28日

管長 本日の読売新聞朝刊の対談記事に

 本日の読売新聞朝刊27面に円覚寺派管長・横田南嶺老師と俳人・長谷川櫂さんとの

対談記事が一面で掲載されています。

 長谷川櫂さんは、読売新聞朝刊2面にコラム「四季」を連載しています。

その連載が5000回を迎えたということで、記念対談をすることになり、

長谷川櫂さんがぜひ、横田南嶺老師と対談をしたいとの意向で、この対談が

実現しました。

「論理より感覚」「生と死と悟り」「言葉以前の世界}など

お二人によって深いテーマが語られています。

皆様、ぜひ、ご覧になってください。

2018年5月25日

「釈宗演 zen 」漫画 近日発刊

 今年、100年遠諱を迎えている釈宗演禅師(明治時代の円覚寺の老師)の前半生を描いた漫画が

5月31日に発刊されます。

著作者は、「スラムダンク」「バカボンド」で有名な井上雄彦のお弟子さんである

高島正嗣さんです。高島さんは、この漫画を画く為、ご自身も何度も坐禅をされ、

また、宗演禅師がご修行をされた京都・妙心寺や老師が海外渡航されたスリランカまで

足を運び綿密に取材をされました。

 監修は、横田南嶺老師がされていて、原稿を見た老師の口からは、「漫画というものを

見直した」と何度もおっしゃられていました。

 明治の価値観が転換する激動の時代に釈宗演禅師がどのような生き方をされたのか。

現代の閉塞感が覆い、新しい価値観が待ち望まれる状況の中で、我々がどう生きる

べきかのヒント与えてくれる素晴らしい一冊です。

 皆様、ぜひ、ご覧下さい。

2018年5月24日

管長・新刊本 中外日報で紹介

 円覚寺派管長・横田南嶺老師の新刊本「仏心のひとしずく」が中外日報で紹介を

されました。この本の魅力を存分に紹介しています。皆様、ご覧下さい。

2018年5月9日

「釈宗演と近代日本」展 6月4日から

 釈宗演禅師遠諱100年記念特別展として、円覚寺・慶応義塾福沢研究センター

慶応義塾大学アートセンター・慶応義塾図書館が主催となり、

「釈宗演と近代日本」展(若き禅僧、世界を駆ける)が

6月4日(月)~8月6日(月)の期間で、

慶応義塾図書館展示場と慶応義塾大学アートスペースを会場として

開催されます。


 会期中は、横田南嶺管長による特別対談や坐禅ワークショップ、ミニレクチャーなど

様々なイベントが行われます。6月11日の特別対談ですが、チラシでは、

先着200名とありますが、事前の問い合わせの多さなどの理由で、

800名収容可能の会場に変更となりました。来場していただければ、

どなたでも聴講することができますので、安心してご参加ください。

 また、図録を購入の方のみに展覧会限定のご朱印も用意しています。

イベントの詳細は、展覧会WEBサイトまたはFacebookページをご覧ください。↓

展覧会WEBサイト
Facebookページ(アカウントをお持ちの方)

皆様、ぜひ、お越しくださいますように。

2018年5月8日

福島復興支援〈未来連福〉チャリティーコンサート

福島復興支援のチャリティーコンサートを今年も開催しますので、どうぞ皆様のご支援をお願い致します。

平成30年5月12日(土)12:30~ 於:円覚寺大方丈
第1部:「薫風の微笑み」
第2部: 横田南嶺管長講話

当日券3,500円
前売券3,000円(円覚寺受付でも販売しています)

2018年5月7日

偶然の一致


 こちらは、坂村真民さんの「心のうたかれんだあ」(天川工房企画制作・すずき出版製造・販売)ですが、

今月5月(6月)の詩が、この詩で、偶然にも横田南嶺老師が毎月、

円覚寺山内・黄梅院の掲示板に揮毫している真民さんの詩と一致しています。

↓が今月5月の横田南嶺老師揮毫の真民さんの詩の写真です。

 横田南嶺老師は、もう、数十年の間、毎月、坂村真民全集の多くの詩の中から、

一つを選び、それを揮毫して掲示板に掲げています。

 横田南嶺老師は、「心のうたかれんだあ」の5月の詩がこの詩であることを

知りませんでしたが、組織も自分も変わらねばならぬという今のご自身の置かれた

状況の中で選んだ詩が偶々一致していたそうです。

2018年5月2日

国宝舎利殿 特別公開(5月3日~5日)

blog-DSC02118
ー国宝・舎利殿ー

 ゴールデンウイークの期間中、国宝・舎利殿を特別一般公開します。

期間:5月3~5日 

時間:8:30~16:00

舎利殿特別拝観料:大人200円 中学生以下100円(通常拝観料は別途)
 (ただし5月5日のみ 中学生以下は通常拜観・舎利殿特別拝観ともに無料)

blog-DSC02119
ー舎利殿 内部ー

 普段は舎利殿一帯が修行道場の為、一般の方の立ち入りはできませんが、

この期間中は、特別に公開され、舎利殿の近くまでいきお参りすることが

できます。
blog-DSC02121

blog-DSC02124
ー万年門(舎利殿に入る入り口です)ー
blog-DSC02188
ー御朱印「舎利瞻禮」ー

 なお、期間中は朱印所を設け特別朱印「舎利・しゃりせんらい」をお書きします。

萬年門前のテントでのみ扱います。
blog-DSC02187

ー御朱印「功徳林」ー

また、大方丈にも朱印所を開設し特別朱印「功徳林・くどくりん」をお書きします。 

———————————–
大方丈 新緑呈茶席(受付は大方丈入り口)
3日~5日 10:00~15:30
呈茶席 千円(抹茶・主菓子つき)


 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

2018年4月20日

僧堂 開講


 今日、円覚寺専門修行道場(僧堂)では、雨安居(4~7月)の開講でした。

雨安居期間は、毎月1週間の大攝心(集中坐禅修行)があり、大攝心中は、毎日

円覚寺僧堂の師家である横田南嶺老師による提唱(禅の語録の講義)があります。

 読経する雲水。円覚寺僧堂では、今年、7名の新到(新入僧)が加わり

全員で26名となりました。

 雲水さんは、今日から26日まで1週間、禅堂に籠り坐禅修行に精進します。


提唱台上の横田南嶺老師。


 杖を持ち雨安居の偈頌(宗旨をうたった漢詩)を唱える老師。

 雨安居偈頌。

安居結制す、万年の顚

道の為に頭を聚めて法筵を開く。

語を寄す、満堂の龍象衆、

放身捨命、真禅を究めよ。

 「安居結制す、万年の顚、道の為に頭を聚めて法筵を開く。」

老師曰く「こうして万年山に安居結制します。お釈迦さま以来の伝統に則って、皆が一所に集まります。

仏道を求める為にこうしてお互い集まって摂心をして講筵を開きます。

「語を寄す、満堂の龍象衆、放身捨命、真禅を究めよ」。

わが身を放ち命をも捨てん覚悟で、禅の真実を究めて欲しいのであります。

今ここに生きているいのちは何か。今話を聞いているこの一念がなんであるか、

これを究めてゆくのです。禅を究めるといっても、長い間坐るとか、

たくさんの禅語を覚えることではありません。

この一念を見つめて、この一念が無量の命であると気づくことです。

この一念こそ仏心そのもの、無量劫来連綿と伝わる命そのものであります。無量寿なのであります。

そこに目覚めるのが見性悟道であり、禅の道であります。どうぞ各自精進して、

この一念を明らかにして欲しいと願うばかりであります。」

2018年4月19日

管長 花園大学総長として講義

 円覚寺派管長・横田南嶺老師は、先日の4月17日に京都にある花園大学にて

「新入生に伝えたい禅の心(大木に学ぶ)」という題のもと、ご講義をされました。

 学生から一般まで、大勢の方々が聴講をされました。

 次回以降の花園大学での横田南嶺老師による講義は、5月8日(火)6月12日(火)

いずれも時間は、10:40~12:10の予定となっております。

無料公開講座ですので、どなたでも聴講することができます。

 近郊の方は、お誘いあわせの上、ぜひ、ご参加ください。

ページのトップへ戻る