2017年12月1日

境内・紅葉の風景 12月1日現在


 妙香池。今日(12月1日)、夕方3時半頃の風景です。

この時間帯は、夕陽に照らされて、特に幻想的な美しさとなります。

 僧堂前。今、僧堂では、一年で一番厳しい集中坐禅修行期間である

臘八大攝心(12月1~8日)が行われています。

 臘八大攝心は、1週間、横にならずに坐禅をし続ける修行で、

別名「雲水(修行僧)殺し」と呼ばれるほど厳しい修行です。

 今、横田南嶺老師をはじめ、20数名の雲水、有志の和尚、居士(在家修行者)が

この修行に精進をしています。


居士林山門。

居士林前。

勅使門前。

黄梅院観音堂前。

境内の紅葉は、今週末がピークかと思われます。

皆様、ぜひ、ご来山くださいますように。

2017年11月29日

境内、紅葉の風景(11月29日現在)


国宝・舎利殿(専門道場)山門前。

 今、円覚寺では、紅葉が一番の見頃を迎えています。

 今朝、開門前に撮影に撮影しました。

 皆様も、ぜひ、ご来山になって、この美しさを体感ください。


国宝・舎利殿(専門道場)山門前。

妙香池

妙香池(虎頭岩上から撮影)

妙香池から大方丈をのぞむ。

参道

洪鐘参道のイチョウ。

大方丈の裏池。

専門道場の山門内部からの風景。

2017年11月18日

管長 飛騨高山の宗猷寺で法話


 今日、円覚寺派管長・横田南嶺老師は、飛騨高山の宗猷寺に出向されて、法話をされました。

宗猷寺は山岡鉄舟の生家である小野家の菩提寺です。


本堂は、本山の仏殿なみの大本堂です。


その本堂の前に鉄舟の両親のお墓があり、

隣に鉄舟の顕彰碑があります。


横田南嶺老師は、毎年宗猷寺で行われているの観音様の法要でお話をされました。

 また、老師は、明後日から始まる大摂心(集中坐禅修行期間)の前でもあり、

日帰りで、しかも、高山滞在はわずか二時間で帰途に就かれました。

2017年11月10日

管長 新刊本「はなをさかせよ よいみをむすべ」


 円覚寺派管長・横田南嶺老師の新刊本「はなをさかせよ よいみをむすべ」が

只今、アマゾン売れ筋ランキングの詩部門で1位となっています。

坂村真民の詩集をこよなく愛する円覚寺の横田南嶺管長が選り抜いた真民詩100選の

内容です。

皆様、ぜひ、ご一読くださいますように。

2017年11月2日

宝物風入と国宝・舎利殿特別公開


 色づき始めた境内。

<国宝・舎利殿>

 円覚寺では、11月3~5日の期間、宝物風入(円覚寺所蔵の宝物の虫干しを兼ねた展示)を開催し、

また、国宝・舎利殿を特別公開します。皆様、ぜひ、ご来山くださいますように。

日程:平成29年11月3日(金・祝)~5日(日)の3日間

時間:9:00~16:00終了(最終日は15:30終了)

場所:大方丈の特別会場

料金:大人500円 小中学生300円(他に通常の拝観料が別途必要です)

「国宝舎利殿の特別公開」も同じ時間帯に実施します

※期間限定の御朱印がございます(舎利殿前で「舎利瞻礼」、大方丈特別会場内で「功徳林」)

※大書院での呈茶席は、本年は実施しませんのでご注意ください

<大方丈 展示会場>



<阿弥陀如来>

<信徒会館2階 展示会場>

<虚空蔵菩薩>

<地蔵菩薩>

2017年10月27日

12月23~25日 冬季宿泊坐禅会 参加者募集

 12月23日(土)~25日(月)に円覚寺の在家修行道場・居士林にて開催される

冬季宿泊坐禅会(学生坐禅会)の参加応募を今日から開始致します。

 普段は、職場、学校、家庭などいろいろと忙しく、ストレスなど「苦」を

感じることも多いと思います。

2泊3日の期間、そんな日常から少し離れて、静かなお寺で生活することによって、

ゆっくりと自分を見つめ直す機会と生活の中で活かせる、「苦の最小化」のヒントを

提供できれば幸いです。

参加希望の方は以下をダウンロードして申込みください。

平成29年冬季宿泊坐禅会申し込み書

 一般の方から学生まで、どなたでも参加することができます。

坐禅が初心者の方にも、安心してご参加できるプログラムとなっています。

 前回に引き続き、今回の宿泊坐禅会(学生坐禅会)も、集合時間を午後5時から2時に早め、

最終日の解散時間も正午から午後4時に伸ばしましたので、前回までと同じ

2泊3日とはいえ、滞在時間が長くなり、ゆったりと過ごすことができるように

なりました。

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-9
居士林での坐禅
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-31
仏殿周りでの歩行禅(経行)
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-69
円覚寺派管長・横田南嶺老師による提唱(他に横田南嶺老師との質疑応答の時間もあります。)

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-54
掃除

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-49
食事

その他にも、参加者のお話を聴く「傾聴」の時間もあります。

<注意>

 宿泊坐禅会の期間中は、基本的に無言行(沈黙を守ること)となります。

 携帯電話の使用やお菓子やペットボトルなどの食べ物の持ち込みは

お控えください。施設の都合上、個室はございません。男女分かれて、

雑魚寝となります。とても寒い時期ですが、居士林には暖房器具がありません。

参加者は、着重ねるなどして、各自、体調を管理してくださいますように。

 また、多数の方々の応募が予想され、定員に限りがある為、

参加応募人数を超えた場合は、抽選となる可能性もあります。

ご了承ください。

 何か疑問点がありましたら、当メールにて、相談致します。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2017年9月16日

執行草舟先生 ご来山


一昨日、鍵山秀三郎先生が多くの方々に推薦している実業家・著述家である

執行草舟(しぎょう そうしゅう)先生が

円覚寺派管長・横田南嶺管長にご挨拶にご来山されました。

執行先生のご著書。

円覚寺山内・桂昌庵にて。

オイゲン・ヘリゲル(「弓と禅」の著者)使用の弓の前にて。

 山岡鉄舟揮毫の「鉄牛機」や山本玄峰老師揮毫「いろはにほへと」を前に。

 執行先生と横田南嶺管長は、最初から、意気投合してお話をされ、

特に、希代の読書家である執行先生は、横田南嶺管長の漢文の素養の深さや

管長が描く画を称賛されていました。

 まさに「達人は達人を知る」の会見内容でした。

 横田南嶺管長の描かれた仏様の御影をパウチにして常に持ち歩いているという

執行先生。

 お二人は、今後、PHP社の雑誌「衆知」の企画で対談をして、

記事になる予定です。

2017年9月6日

スティーブン・マーフィ重松先生 ご来山


先日、9月4日にスタンフォード大学でマインドフルネスを教えている

スティーブン・マーフィ重松先生と奥様が円覚寺にご来山されました。

横田南嶺老師とマインドフルネスや禅についてご歓談され、

国宝・舎利殿や居士林(在家修行道場)などを見学されました。

 重松先生のご著書「スタンフォード大学 マインドフルネス教室」

2017年9月1日

管長 「サンガ ジャパン」にインタビュー記事


 「サンガ ジャパン」27号(2017年9月1日発行)に

横田南嶺老師のインタビュー記事が掲載されています。

大乗仏教の精神などをわかりやすくお話されています。

皆様、ぜひ、ご一読ください。

2017年8月20日

夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会) 参加者の皆様へ

 8月26日から居士林にて開催される、夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会)の日課表です。

参加者の方は、以下をダウンロードしてご覧になってください。

平成29年 夏季宿泊坐禅会 日程表

 特に、夏季につき、毎日、開浴(シャワーのみ)の時間がありますので、

石鹸、タオル等の洗面用具を用意してください。女性の方は、布団を包むシーツも

お持ちください。

 当日までに体調を十分に調えて、ご来山くださいますように。

夏季宿泊坐禅会 日課表(平成29年8月26~28日)

●8月26日(土)

14:00 集合 受付
14:15 禅堂生活の説明など

16:00 薬石(夕食)⇒ 開浴

18:30 坐禅
20:20 茶礼
21:00 解定

21:10 夜坐(仏殿)

21:30 就寝

 ●8月27日(日)

4:00 開静(起床)
4:15 読経

4:30 坐禅

5:45 粥坐(朝食) 

6:30 日天掃除

9:00 日曜説教会(横田南嶺老師による法話拝聴)(於 大方丈) 

10:30 斎坐(昼食)⇒ 午睡(昼寝)

12:30 随坐(自主坐禅)・・・居士林で坐禅か個人傾聴。

16:00 薬石(夕食) 
18:00 坐禅

20:20 茶礼                      

21:00 解定

21:10 夜坐(大方丈縁側)

21:30 就寝

●8月28日(月)

4:00 起床
4:15 読経

4:30 坐禅

5:45 粥坐 

6:30 日天掃除

8:30 横田南嶺老師による提唱 (於 僧堂) 
    横田南嶺老師との質疑応答⇒国宝・舎利殿拝観

11:00 斎坐⇒ 午睡 

13:00 作務

15:00 閉会式

ページのトップへ戻る