2017年9月16日

執行草舟先生 ご来山


一昨日、鍵山秀三郎先生が多くの方々に推薦している実業家・著述家である

執行草舟(しぎょう そうしゅう)先生が

円覚寺派管長・横田南嶺管長にご挨拶にご来山されました。

執行先生のご著書。

円覚寺山内・桂昌庵にて。

オイゲン・ヘリゲル(「弓と禅」の著者)使用の弓の前にて。

 山岡鉄舟揮毫の「鉄牛機」や山本玄峰老師揮毫「いろはにほへと」を前に。

 執行先生と横田南嶺管長は、最初から、意気投合してお話をされ、

特に、希代の読書家である執行先生は、横田南嶺管長の漢文の素養の深さや

管長が描く画を称賛されていました。

 まさに「達人は達人を知る」の会見内容でした。

 横田南嶺管長の描かれた仏様の御影をパウチにして常に持ち歩いているという

執行先生。

 お二人は、今後、PHP社の雑誌「衆知」の企画で対談をして、

記事になる予定です。

2017年9月6日

スティーブン・マーフィ重松先生 ご来山


先日、9月4日にスタンフォード大学でマインドフルネスを教えている

スティーブン・マーフィ重松先生と奥様が円覚寺にご来山されました。

横田南嶺老師とマインドフルネスや禅についてご歓談され、

国宝・舎利殿や居士林(在家修行道場)などを見学されました。

 重松先生のご著書「スタンフォード大学 マインドフルネス教室」

2017年9月1日

管長 「サンガ ジャパン」にインタビュー記事


 「サンガ ジャパン」27号(2017年9月1日発行)に

横田南嶺老師のインタビュー記事が掲載されています。

大乗仏教の精神などをわかりやすくお話されています。

皆様、ぜひ、ご一読ください。

2017年8月20日

夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会) 参加者の皆様へ

 8月26日から居士林にて開催される、夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会)の日課表です。

参加者の方は、以下をダウンロードしてご覧になってください。

平成29年 夏季宿泊坐禅会 日程表

 特に、夏季につき、毎日、開浴(シャワーのみ)の時間がありますので、

石鹸、タオル等の洗面用具を用意してください。女性の方は、布団を包むシーツも

お持ちください。

 当日までに体調を十分に調えて、ご来山くださいますように。

夏季宿泊坐禅会 日課表(平成29年8月26~28日)

●8月26日(土)

14:00 集合 受付
14:15 禅堂生活の説明など

16:00 薬石(夕食)⇒ 開浴

18:30 坐禅
20:20 茶礼
21:00 解定

21:10 夜坐(仏殿)

21:30 就寝

 ●8月27日(日)

4:00 開静(起床)
4:15 読経

4:30 坐禅

5:45 粥坐(朝食) 

6:30 日天掃除

9:00 日曜説教会(横田南嶺老師による法話拝聴)(於 大方丈) 

10:30 斎坐(昼食)⇒ 午睡(昼寝)

12:30 随坐(自主坐禅)・・・居士林で坐禅か個人傾聴。

16:00 薬石(夕食) 
18:00 坐禅

20:20 茶礼                      

21:00 解定

21:10 夜坐(大方丈縁側)

21:30 就寝

●8月28日(月)

4:00 起床
4:15 読経

4:30 坐禅

5:45 粥坐 

6:30 日天掃除

8:30 横田南嶺老師による提唱 (於 僧堂) 
    横田南嶺老師との質疑応答⇒国宝・舎利殿拝観

11:00 斎坐⇒ 午睡 

13:00 作務

15:00 閉会式

2017年8月13日

致知出版社の《人間力メルマガ》にて管長記事紹介

致知出版社の《人間力メルマガ》2017.8.13の記事で

円覚寺派管長・横田南嶺老師の連載記事が紹介されましたので、転載します。

{鎌倉円覚寺管長・横田南嶺さんの連載「禅語に学ぶ」は、

感動的なエピソードを交えながら、禅の教えを分かりやすく

私たちに伝えてくださいます。

今回はある法話会にまつわるお話です。

───────「今日の注目の人」───

横田 南嶺(鎌倉円覚寺管長)

※『致知』2017年9月号【最新号】

※連載「禅語に学ぶ」P112

そんなお寺での法話会で、最近忘れられない会があった。
 
未熟ながらも、只今私は大本山の管長という要職を務めているので、

宗派の寺院にとって、本山の管長を法話に招くことは、一大行事となる。

およそ一年前から、日程の調整など準備に取り掛かる。

伝統を重んじる世界であるので、法話の打ち合わせにしても、

電話やメールで済ますことはしない。

何度か直接本山に出向いて打ち合わせ、古式ゆかしく管長を

招聘するしきたりが残っている。

そのお寺の和尚も、早くから打ち合わせ、何度か本山にお越しいただいた。

準備万端整って、もうあと一ヶ月で法話会となった頃、その和尚より速達の手紙が届いた。

なんと、大きな病が見つかって急遽入院し手術を受けることになったという。

一年も前から支度をしてきた法話会は、予定通り行うのだが、

自分が管長をお迎えすることができないのが申し訳ないというお詫びの手紙であった。

明日から入院と認めてあったので、返信も出さずに、手術の無事を祈った。

そうして二月、梅の花が咲く時節に合わせて、観梅の法話会が催された。
 
本山管長が寺院に出向する場合、お寺の和尚はもとより皆がお寺の山門に整列して

出迎えることになっている。「門迎」と呼んでいる。

 私は、和尚の不在をあらかじめ知って行ったのだが、山門近くに車が近づいて、

我が目を疑った。なんとその和尚が、二月の寒風吹きすさぶ中を、立って出迎えて

くださっているではないか。更に近づいて驚いた。入院中の衣服のまま、

点滴の容器を片手に持っている。恐らく医師に無理を言って、

一時退院してきたのであろう。大手術の後であることは、

痩せられた姿からも想像された。
 
この法話会にかける和尚の熱意がその姿から伝わった。……

※この法話会での和尚の様子は、横田さんにとって
 
忘れ難いものになりました。詳しくは9月号でご紹介しています。}

 皆様、ご一読ください。

2017年8月10日

管長 PHP9月号に記事

 PHP9月号特集、「気持ちにゆとりの持てる人イライラ、クヨクヨをひきずらない」に、

横田南嶺が専門家からのアドバイスとして文章が掲載されています。

 PHPの入社二年目という若い女性記者が取材にきたので、

とくに分かりやすく説かれています。

 皆様、ぜひ、ご一読ください。

2017年7月31日

横田南嶺老師 次期花園大学総長に

 円覚寺派管長・横田南嶺老師は、京都・花園大学の次期総長になることが決まり

28日付けの中外日報に報じられました。

2017年7月17日

管長 聖心女子大学で講演


 円覚寺派管長・横田南嶺老師は、今日、聖心女子大学に招かれて講演をされました。

「仰げば光あり」という演題のもと、仏教詩人と呼ばれた坂村真民の詩を紹介しながら、

「私が詩を作るのは、人間らしい人間として生きたいからだ」と言われた真民の詩に

込められた思いをお話されました。

聖心女子大学では、学長さんや副学長さんそして、哲学科の先生方をはじめ

学生200人と一般の方々200人の大勢の方々が聴講に集まりました。


聖心女子大学の正門にて。


講演終了後、学生有志と茶話懇談会の様子です。

2017年7月9日

8月26~28日 夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会) 参加者募集中

 8月26日(土)~28日(月)に円覚寺の在家修行道場・居士林にて開催される

夏季宿泊坐禅会(学生坐禅会)の参加応募を今日から開始致します。

 普段は、職場、学校、家庭などいろいろと忙しく、ストレスなど「苦」を

感じることも多いと思います。

2泊3日の期間、そんな日常から少し離れて、静かなお寺で生活することによって、

ゆっくりと自分を見つめ直す機会と生活の中で活かせる、「苦の最小化」のヒントを

提供できれば幸いです。

参加希望の方は以下をダウンロードして申込みください。

平成29年夏季宿泊坐禅会申し込み書

 一般の方から学生まで、どなたでも参加することができます。

坐禅が初心者の方にも、安心してご参加できるプログラムとなっています。

 今回の宿泊坐禅会(学生坐禅会)から、集合時間を午後5時から2時に早め、

最終日の解散時間も正午から午後4時に伸ばしましたので、前回までと同じ

2泊3日とはいえ、滞在時間が長くなり、ゆったりと過ごすことができるように

なりました。

 多数の方々の応募が予想され、定員に限りがある為、

参加応募人数を超えた場合は、抽選となる可能性もあります。

ご了承ください。

 皆様のご来山を心よりお待ちしております。

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-9
居士林での坐禅
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-31
仏殿周りでの歩行禅(経行)
blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-69
円覚寺派管長 横田南嶺老師による提唱

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-54
掃除

blog-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%9d%90%e7%a6%85%e4%bc%9a-49
食事

2017年6月30日

6月30日現在 円覚寺境内のアジサイ情報④


 円覚寺境内のアジサイもほぼ満開となり、今週末あたりが最後の見頃と

なるでしょう。皆様、ぜひ、ご来山の上、お参りくださいますように。

ページのトップへ戻る