2014年10月4日

鼻祖忌(達磨忌)

blog-P7030801
-横田南嶺老師揮毫 達磨図-

 明日、10月5日は達磨大師のご命日で、多くの禅宗寺院で法要が営まれます。

達磨大師は、実在の人物で中国禅宗の開祖です。中国では胎内の子どもは鼻から

形作られると考えられていたことより「初代」のことを「鼻祖」と呼んでいます。

 詩人 坂村真民先生に「ダルマ」という詩があります。

「ダルマ」

お経一つ持たず

ぶらりと

武帝の前にやってきた

ダルマ

不敬

傲慢

尊大

そう見えるか

反逆

自身

頑固

そう考えるか

人類4万年の

歴史のなかに

己れの体だけで

信仰を示した

この不世出の男の

奥に光る

実存の炎

それにしても

受け入れがたかった

あの顔

あの目

ながいあいだの

わたしの抵抗

{坂村真民自選集より}

 鼻祖忌に関連する行事として円覚寺では、

本日(10月4日)は

16:00~16:40 達摩忌宿忌(達磨大師のご命日の前日の法要です。)場所:仏殿

明日(10月5日)は

10:00~11:00 達摩忌(達磨大師のご命日の法要です。)場所:仏殿

を予定しております。

横田管長をはじめ円覚寺山内の和尚様方などが出席をされお経を唱えます。

どなたでも自由に参加することができます。皆様のご来山をお待ちしております。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る