2019年4月10日

大用国師誠拙禅師200年遠諱法要 宿忌


 今日、円覚寺仏殿では、午後4時から、大用国師誠拙禅師200年遠諱法要宿忌が

行われました。

大用国師誠拙禅師は、江戸時代後期に円覚寺を中興されたお方で、

今年は、国師がお亡くなりになって200年の記念の年に当たります。

 円覚寺では、法要、授戒会、展示会など多数の遠諱記念事業を行っています。

お供えする茶湯器を薫じる横田南嶺管長。


 五侍者。

宿忌には、円覚寺派などの和尚様が参列されました。

ページのトップへ戻る