2018年1月1日

僧堂 除夜の鐘


昨日の大晦日から元日にかけての、僧堂での除夜の鐘の風景です。

 僧堂では、鐘楼の四方に雲水さんが立ち、お経を唱えている中で

鐘をついていきます。


雲水さんは、108の鐘がつき終わるまで、1時間くらい、立ったままで、

お経を唱え続けます。

 一般の方がつき終わり、最後に雲水さんらがついていきます。


 鐘楼周りで、並んでお経を唱える雲水さん。

ページのトップへ戻る