2011年12月25日

真珠のように

12月25日(日)
 管長様が本日の日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。
 お釈迦様は「ただ、ひたむきにそしられる人も、ただ、ひたむきに
ほめられる人もいない。」と言われています。世の中はほめられてばかりの人
もいないし、けなされ・そしられてばかりの人もありはしないのであります。
 どんな人でもいい目にあってばかりということはないし、逆に悪い目に
あってばかりということもないはずであります。
 いずれにしても、その時一時の忍であります。
 くさらず、あきらめず、投げ出さず全部一通り受け止めてみてじっくり
練ってみるといいましょうか、待ってみる。そうすると状況は必ず変わっていく
ものであります。
 真珠という宝石があります。あれは真珠貝が自分の体に埋め込まれた
核といいましょうか石つぶをとかしてとかして綺麗な真珠の玉にしていきます。
そのように自分たちも自分を苦しめる不幸や災難をそれをどうか変えていく力
これが忍の力であります。
 いろんなことがある一年
でありましたがこれらも真珠の玉のように
変えていく。つらいこともよい出会いであったとこう変えていくことが
できるように願うものであります。
   

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る