2018年8月12日

管長 8月日曜説教会 映像

 今日、円覚寺・大方丈で行われた円覚寺派管長・横田南嶺老師による横田南嶺老師の

法話です。「私たちは、病気や事故など、いつ何が起こるかわからない中で生きています。

そう思えばこそ、今日一日を有り難いと思い、精一杯生きようと思うようになるものです」

という内容を登山家の方の話や日航機墜落事故の話などを例にされています。

特に登山家の方の話では、何かおかしいと気が付く感覚と怖さを知ることの

重要性についてお話されています。

 また、最近、横田南嶺老師がある人から、「管長さんは、回遊魚みたいですね。」と

言われたエピソードと法話の最後の「落ち」は、絶妙です。

 皆様、ぜひ、ご覧になってください。

ページのトップへ戻る