2018年5月22日

「ダロウ宗」に「ソウダ宗」

 明治時代に白山道場を開いた南隠老師は、「学問ある者は智解にこだわり、

才気ある者は情識に走る。そんなことだから門は堅く閉ざされて入ることができぬ」

と言われました。そこで人の説や、本の言葉ばかり覚えて「ああだろう、こうだろう」と言い、

それを受けて「ああだそうだ」と伝える。これを「ダロウ宗」「ソウダ宗」と揶揄されました。

人の言葉に振り回されず、自己をしっかり見つめることの大切さを説いて下さったのです。

ページのトップへ戻る