2018年5月21日

いのちこそ仏



 盤珪禅師という方が、お説法をなさっていて、今日はここに皆私の説法を聞こうと

集まっているが、そこに突然鳥が啼いてもちゃんと鳥の声だと聞く、

この心が仏の心だと説かれています。この心が貴いのであります。

この心が、それこそ両親を通じて賜りしいのちであり、それ以前からご先祖を通じて

ズーッと連綿と受け継がれたいのちであります。そしていのちあればこそ

山の緑を見ることも、鳴いている蛙の声も聞くことができるのであります。

いのちこそ仏であります。

円覚寺僧堂では、5月20日から26日まで、月並大攝心(集中坐禅修行期間)です。

ページのトップへ戻る