2019年1月5日

天を怨まず、人をとがめず、下学して上達す。


 横田南嶺老師がお正月に雲水一人一人にくださる色紙の一枚です。

天を怨まず、人をとがめず、下学して上達す。『論語』

 事、志とちがい、世に入れられないけれども、わたしはなすべきことをしているのだから、

天をうらみもしないし、人をとがめもしない。

 自分より身分・年齢などの低い者からもきいて学び、どんな卑近なことも

おろそかにしないで、一日一日上達していく。わたしはそういうふうに学問している

訳 諸橋轍次著 『中国古典名言辞典』より

ページのトップへ戻る