2011年2月3日

無門関37則その2

2月3日(木)
 昨日老師が提唱の中でお話しされた坂村真民さんの詩の全文です。
木や草と人間と
どこがちがうのだろうか
みんな同じなのだ
いっしょうけんめいに
生きようとしているのをみると
ときには彼等が
人間よりも偉いとさえ思われる
かれらはときがくれば
花を咲かせ
実をみのらせ
じぶんを完成させる
それにくらべて人間は
何一つしないで終わるものもいる
木に学べ
草に習えと
わたしはじぶんに言いきかせ
今日も一本の道を歩いて行く

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る