2011年2月2日

無門関37則

 2月2日(水)
 老師が淡青会坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。
 坂村真民さんの詩に
「木と草と人とどこが違うのだろうか?
  一生懸命生きているのを見ると
   時には木や草の方が偉いように思われる
    木や草に学ぼう。」
 というようなものがある。
  
  我々人間も(もちろんこの自分も)、本来、
 生い茂っている木や草、そこら辺であくびをしている猫と
 同じく天地自然の中の一つのはたらきにすぎない。
 これが自分だ!自分の方がもっとましだ!という執着・妄想を
 離れて、天地自然と一枚になる、一つになる。
 そこに本当の安らぎがある。
  木や草や他のあらゆる命。
  みんな同じ一枚平等の命。
  同じように生きているかけがえのない存在。
  みんな同じ平等の存在であるとしみじみ感じて
  謙虚に生きよう!
  
  (後記)
blog-005_20110202145639.jpg
 僧堂の宿龍殿の写真です。ここで攝心中提唱が行われます。
左の椅子に老師が坐を組んでお座りになり、お話をされます。
 <お知らせ>
 平成23年度春季学生坐禅会の日程が3月4日(金)から
6日(日)と決まりました。もう少ししたら、円覚寺本山の
ホームページで正式に公表される予定です。
 
  
  

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る