2010年12月5日

無門関27則

 12月5日(日)
 老師が昨日土曜坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。
 「明るく生きることだけが私が子どもにしてあげる唯一のことなんです。」
これは、息子さんが大きな障害を負ってしまったお母さんの言葉です。
「もし、私が暗く沈んだり病気でもしたら、この子は自分のために
母親がこんなになったと自分を責めてしまう。あの子に対して自分は
何もしてあげられない。けれどもせめて自分が明るく生きることだけが
この子にしてあげられることなんです。ですから、明るく生きています。」
 とおっしゃったそうです。
 本当にその人そのことを思うことによって大きな力が明るい力が出てくる。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る