2010年10月16日

無門関25則三座説法

 10月16日(土)
 老師が土曜坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。
 
 今こうして聞いているもの、みているもの
 今こうして確かに生きているものは、どんな言葉でも表現することはできない。
  しかし、ないわけではない。二六時中ずっと働いている。
働きづめに働いているんだ!
 しかもそれはこの小さな自分だけを動かしている力ではなく
自分や他人はもちろん虫けら、動物、草木にいたるまであらゆる生きとし生けるものを
生き通しに生かしてくださっているものだ。
 その生かしてくださっているものを確かに自分で確かめていく。
そして、もうこれ以上貴いものはよそにないと気づくこと。
それが坐禅の上で一番大切なことだ。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る