2017年4月20日

円覚寺僧堂  雨安居・開講式

円覚寺専門修行道場(僧堂)では、本日より「入制大攝心(集中坐禅修行期間)」が始まりました。

この春、7名の新到(しんとう=新入修行僧のこと)を新たに迎え入れ、横田南嶺老師のご指導の下、総勢24名の雲水が7月31日までの約百日間、雨安居(うあんご=修行僧が一カ所に留まって修行する期間)の修行に精進します。

その雨安居の初めに当たり、円覚寺僧堂では開講式(講義初め)が行われました

横田南嶺老師による開講の偈(宗旨をうたった漢詩)

雨安居の修行に臨む雲水24名

提唱される横田南嶺老師

ページのトップへ戻る