2010年11月25日

僧堂攝心4日目

11月25日(木)
老師が一昨日僧堂で提唱されたことをまとめてみました。
妄想無き時は一心是れ佛國土
妄想ある時は一心是れ地獄。
なにごとも妄想を離れることが大事。
何にもひかからぬ事だ。
妄想といっても馬鹿にならぬ
下手をすると身心をむしばむ。病気にもなりかねぬ。
昔黙雷老師の公案にある。
ある武士が幽霊屋敷に泊まった。
夜になって女中さんが飛んできて
鍋が歩き出したという。
昔の鍋はかなえの足がついていた。
武士はあわてず、なに鍋にも足がある
歩いても不思議ではないという。
しばらくすると
また女中がきて
こんどは鉄瓶がしゃべり出したという
武士はあわてず
なに鉄瓶にも口がある
しゃべっても不思議はないという。
こんどはまた女中が走ってきて
おくどさんに松茸が生えてきたという
こんどは武士は、ぐっと答えに詰まった
そこで幽霊に喰い殺されてしまったという。
松茸が出てきてそのときになんと答えたらよいかという
黙雷さんの公案だ
ひかかったらおしまいだ。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る